イメージ画像

ラインブリード

ラインブリード

● ラインブリードとは

ラインブリードとは、父と母馬が同じ系統の場合に成立。
インブリードとの違いは、「系統」での判断なので、
血統表内に同一馬がいなくても成立するという所。

● ラインブリードは2種類ある

ラインブリードには通常型と爆発型があります。

<通常型>

・爆発型が成立していない
・親系統同じで子系統が違う場合 → 親系統ラインブリード
・親系統同じで子系統も同じ場合 → 子系統ラインブリード

<爆発型>

産駒から見て3代前の4種類の種牡馬の内3~4頭が
同じ親系統で、それぞれの子系統が違う場合成立。

<SP効果>

父・母がSP系因子を持っていると、通常型・爆発型ともに、
爆発力がアップします。

 
● ラインブリード通常型

<条件>

・爆発型が成立していない。
・父と母の親系統同じであれば成立。



画像は親系統ラインブリード通常型の例。
青下線部分も同じであれば、「子系統ラインブリード通常型」になります。

<爆発力>

親系統ラインブリード:2
子系統ラインブリード:3
親系統ラインブリードSP型:3
子系統ラインブリードSP型:5

<利用方法>

割りと成立しやすい配合理論。
ただ爆発力自体はそれほど高くなく、
また危険度も上がるデメリットもあるため、
狙ってするものではない。

 
● ラインブリード爆発型

<条件>

3代前の4頭の種牡馬の内、3~4頭が同じ親系統で、
それぞれの子系統が異なる場合成立。

3頭同じ → 3本爆発型
4頭同じ → 4本爆発型



画像は3本爆発型の例。
子系統 → 全て違う
親系統 → セントサイモン系が3頭

<爆発力>

3本爆発型 → 7
4本爆発型 → 11
3本爆発SP型 → 9
4本爆発SP型 → 13

<利用方法>

4本爆発SP型は、全配合理論中最大の爆発力です。
また4種全ての爆発力が高い為、狙ってみる価値はあります。

ただし、爆発型を狙うあまりインブリードも多く重ねてしまうと、
危険度は飛躍的に上がるため、長期的または血脈活性化配合と
併用して危険度リスクを下げるように努めなければいけません。

 
配合理論一覧へ戻る

ウイニングポスト8 トップへ戻る

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ