イメージ画像

配合理論

配合理論

ウイニングポストには他の競馬ゲーム以上に種牡馬と繁殖牝馬の
配合理論が多く、これを駆使することで最強馬を目指すゲームでもあります。

ですが、その数が多くて結局は面倒くさくなり、他のゲームと同じように、
インブリードを重ねていくだけになるプレイヤーも多いのではないでしょうか。
(私もそうですw)

ですが、せっかくウイニングポストを購入したのなら、
1度は配合理論を駆使し最強馬を目指すのも悪くありません。

では、どういった理論があるのか見ていきましょう。

 
1.両親から受け継ぐスピードは7割程度

産駒には両親が持つスピード能力がそのまま伝わるのではなく、
その7割弱程しか伝わりません。
そこで、各種配合理論でスピードの底上げを計ります。

なお、瞬発力や勝負根性と言ったサブパラメータは、
基本的にはそのまま伝わります。

 
2.配合画面

種付する時の配合画面で、その配合で産駒に対する影響が
だいたい分かります。

クローバー(爆発力)
このクローバーの数が多いほど「スピード能力」が上がります。
クローバーは各配合理論により変動しますので、
どのような組み合わせをすれば、クローバーを増やせるか考えます。

エクスラメーションマーク(危険度)
基本的に近親配合(インブリード等)による弊害で、
産駒の健康・能力を低下させる確率が上がります。

 
3.血統画面

ここで両親の血統構成及び因子が確認できます。

能力因子(スピード、スタミナ、パワー、根性、瞬発、柔軟)
該当能力を底上げする因子。
※スピード因子は、直接ではなく配合時の爆発力をあげるもの。

特徴因子(気難、早熟、晩成)
産駒の成長能力に関わる因子。
※できれば気難(気性難)因子は回避したいところ。

特殊因子(親系統、子系統)
確立した系統の祖を表す因子。
因子自体に効果は無いが、配合理論に影響します。

系統特性因子(SP系、ST系、流行、零細)
属する系統の特性を表す因子。
産駒に直接影響は無く、配合理論に利用します。

 
4.配合理論

では、それぞれの配合理論です。(詳細は随時更新)
()内の数字が爆発力。

ニックス
 ・通常型(2~8)
 ・間接型(1)

インブリード
 ※インブリード効果は該当馬の因子により影響が変動

ラインブリード
 ・通常型(2~5)
 ・爆発型(7~13)

アウトブリード
 ・爆発力は無し。
 ・柔軟↑・賢さ↑・精神力↑・健康↑・競争寿命↑

血脈活性化配合
 ・インブリードなし(4~8)
 ・インブリードあり(18.75以下)→ 危険度半減~ゼロ

メールライン・ボトムライン活性配合
 ・(3~10)

SP・ST配合
 ・SP昇華配合(1~5)
 ・ST昇華配合(1~5、勝負根性↑・パワー↑・柔軟性↑)
 ・SPST融合配合(5、パワー↑)

母父
 ・母父○(2)
 ・母父◎(4)

活力源化因子
 ・因子の数により変動

活力補完
 ・競争寿命に影響。
 ・完全型活力補完(3)

隔世遺伝
 ・父父がスピード因子持ち(3~6)
 ・父父がスピード因子もたない(該当能力因子を底上げ)
 ・母系覚醒遺伝→父父が能力因子が無い場合。

稲妻・疾風配合
 ・稲妻配合(6~12、瞬発力↑・柔軟性↑・勝負根性↓)
 ・疾風配合(6~12、勝負根性↑・柔軟性↑・瞬発力↓)

サヨナラ配合
 ・通常型(5、勝負根性↑・精神力↑・健康↑)
 ・Wサヨナラ型(8、勝負根性↑・瞬発力↑・パワー↑・賢さ↑・精神力↑・健康↑)

● お笑い配合
 ・(5、勝負根性↑・賢さ↑・精神力↑)

● お似合い配合
 ・(5、勝負根性↑・賢さ↑・精神力↑)

● 3冠配合
 ・(4)

● 種牡馬施設効果
 ・(1~3)

 

ウイニングポスト8 トップへ戻る

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

最近のコメント

このページの先頭へ