イメージ画像

StarHorsePocket(スターホースポケット)プレイ記 ①

StarHorsePocketプレイ記 ①

StarHorsePocket(スターホースポケット)を導入部分のみプレイしました。

端末制限があるようですが、
幸いなことに所持している端末は対応済み。

インストール後のダウンロードで
いきなり600MB近く必要(ライト版もある)で、
ウチのWi-Fi環境だと、相当時間がかかりました。

それではチュートリアルをこなしながら、
プレイしていきます。

 
~プレイ~

厩舎名入力。

 

ガチャで株券(配合相手)を入手します。
始めてプレイする場合、SSR1枚確定ガシャ(10連)が引けます。
SSRはキズナ、ルーラーシップ、エピファネイヤの3頭から選択。

アーケード版と同じシステムなら、
正直、レアとか配合理論は関係ないので、
適当にルーラーシップを選びました。

こんな感じ。

次は配合。

何気に秘書さんがチュートリアルしてくれているので、
ひとまずその通りに。

誕生。

アーケード版と似た誕生演出ありですので、
今後、誕生時点での素質馬かどうかの判断が出来そう。

デビュー。
チュートリアル通りに矢印をクリックしていきます。

出馬表。
うん、アーケード版と似た感じですね。
デビューから3勝すると、育成が始めれます。
アーケード版と同じくスキップも可能。
ここで、ある程度の適正が把握できます。

無事3勝できれば、育成開始。
「調教」と「飼葉」の2種類。

調教には、坂路やウッドなど。
飼葉には、大根やニンジンなどの選択有り。
それぞれ右下に見えているメダルを使います。

「出走」でレース選択。
チュートリアル通りで行くとシンザン記念。

はい勝利。
おそらくチュートリアルでは勝つ設定になっています。
各チャレンジを達成すると、
いろいろなアイテムに使える馬封石が貰えます。

フィリーズレビュー勝利後桜花賞出走も、
道悪応えて惨敗。

秘書さんが、「京都新聞杯いきましょう!」
って言ってきましたが、
「適正距離1400~2000やで!?」
と答えて、NHKマイルCに登録。

「マイシンザンの頃は2000やろ!!強すぎじゃね」
って突っ込みたくなる2着でした。

 
とりあえず、
週末のリアル競馬の方(メルマガ等)に力入れないとダメなので、
今回はここまで。

アーケード版と同じシステムであるなら、
1頭の馬を作るために使用した画面右下のメダルの量が、
多ければ多いほど強い馬が出来るはず。

ただ、課金するのは馬封石の方になるので、
まだまだ未知な部分は多いです。

ですが、今の所アーケード版とホボ変わらない出来のゲームを、
スマホでプレイできるのは楽しいです。
ロード時間等が長いのを我慢できれば、
かなり楽しめるのではないでしょうか。

まぁ、ゆっくりとプレイしてみます。

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

最近のコメント

このページの先頭へ