イメージ画像

エスポワールシチー、後藤騎手で南部杯制覇!

<2013年10月15日>

14日、盛岡競馬場で第26回マイルチャンピオンシップ南部杯(GI・3歳上
・ダ1600m・1着賞金4500万円)が行われ、先手を取った後藤浩輝騎手騎乗の
2番人気エスポワールシチー(牡8、栗東・安達昭夫厩舎)が、
終始そのリードを守りきり、道中2番手から直線追いすがってくる
1番人気ホッコータルマエ(牡4、栗東・西浦勝一厩舎)に、
1.1/2馬身差をつけ逃げ切り優勝した。勝ちタイムは1分35秒1(良)。

~netkeiba.comより~

盛岡競馬場で行われる交流GⅠレースのマイルチャンピオンシップ南部杯
(以下、南部杯)

好スタートを切ったエスポワールシチーがハナを切り、
特に他馬が競りかけてこないエスポワールシチーにとって楽な展開。

同じく逃げて交流重賞勝ちまくったスマートファルコンは、
最初からスピードの違いで突き放すのと違い、
エスポワールシチーは溜逃げタイプ。

あとは仕掛け所を間違わなければ大丈夫。

対して1番人気だったホッコータルマエは勝負所でズブさを見せたのは、
休み明けという事もあったと思います。
スピード載ってからはシッカリ伸びているので、
次走では大丈夫でしょう。

3着セイクリムズンは中間の坂路調教で毎回猛時計。
絶好調で挑めていたので、27.3倍の5番人気は評価が低すぎでした。
配当的には美味しい結果では無かったでしょうか。
とはいえ、勝てなかったのは距離と実力差。
調子が持続出来るのならJBCスプリントでも上位候補になるでしょう。

 
エスポワールシチーは交流GⅠ含めて、すでにGⅠ7勝。
南部杯は昨年に続き連覇となりました。これでGⅠ8勝目。

すでに8歳ですがマイル近辺のダートでは、
未だにダート界の頂点に君臨している事を証明。
本当に頭が下がる思いです。

そして、鞍上は後藤騎手。
2012年5月ので落馬。頸椎を痛め休養。
9月の復帰当日に再び落馬し、またもや頸椎を負傷し長期の休養が余儀なくされ、
今年の10月にようやく復帰しました。

エスポワールシチーの主戦騎手である佐藤哲三騎手も、
昨年の11月に落馬し、騎手生命を絶たれるかもしれない程の重傷を負い、
今も復帰に向け懸命にリハビリを続けています。

同じ境遇の先輩騎手の乗り馬で、復活GⅠ勝利を挙げた後藤騎手。
ゴールの瞬間「佐藤騎手の真似をした」と語ったガッツポーズが輝いていました。

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ