イメージ画像

最強短距離馬デイジュール、老衰で死亡。

<2013年10月9日>

9月25日、アメリカケンタッキー州シャドウウェルファームで、
史上最強短距離馬と謳われたデイジュールが老衰により死亡。
26歳でした。

 
デイジュール(Dayjur)は父ダンチヒ
母は1982年に欧州最優秀スプリンターに輝いたゴールドビューティー
その父がミスタープロスペクターということで、
生粋の短距離馬の血統をもって生まれ、
その血に恥じない短距離成績を残しました。

 
生涯成績11戦7勝2着3回。(唯一の着外は7ハロン(約1400m)戦。)
デビューから2年目で、ほとんどの欧州スプリント路線を制し、
その年で引退、アメリカでの種牡馬入りが決定しました。

引退レースに位置付けたのは、ブリーダーズカップスプリント
初のダート戦でしたが、圧倒的1番人気。

結果を先にいうと2着。
しかし、そこで見せたパフォーマンスは
ある意味レースに勝利するよりも衝撃でした。

逃げ粘るセイフリーケプト(牝)に楽々並びかけ、
あとは直線で突き放すだけだったが、
デイジュールは直線後半で1回。ゴール直前で1回。
計2回、飛び跳ねる仕草をし失速しました。

なんとスタンドから伸びる影に驚いて飛び越えようとしたのだ。

結果、楽にセイフリーケプトを交わせる事が出来る勢いだったのに、
後塵を拝することになりました。
(デイジュールのシャドウジャンプ)

しかし、この年に与えられたレーティング133
今現在(2013年)もスプリント部門で破られない記録として残っています。
(今年のロードカナロアが120。)

引退後、種牡馬生活に入ったものの、
コレと言った活躍馬を輩出する事は出来なかったが、
大失敗というほどではなく、それなりの成績を残す馬は輩出しました。

日本では京成杯AHエルムSを勝利したシンコウスプレンダ等。

父系ではホボ見かける事はありませんが、
母系をさかのぼると、たまに見かける事があるので、
皆さんもお暇でした、探してみてください。

最近でいえば、札幌2歳Sで1番人気(5着)だったマイネルフロスト
母母父がデイジュールです。

デイジュールの半姉メイプルジンスキーは日本に輸入されて、
バーディバーディーにつながっています。

レースではスピードキングでしたが、26歳の大往生でした。

 
1990年 ブリーダーズカップ・スプリント

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ