イメージ画像

独最強馬ノヴェリスト、引退し社台SSで種牡馬入り。

今年のキングジョージ6世&クイーンエリザベスS(英・GI)を制し、
凱旋門賞にも出走を予定していたドイツのノヴェリスト(牡4)が、
現役を引退し、日本の社台スタリオンステーションで種牡馬となることが判明した。

~netkeiba.comより~

 
凱旋門賞まで、ここでも度々取り上げてきました欧州最強馬ノヴェリスト
なんと社台SSが購入し、来年より種牡馬入りすることになりました。
これによりジャパンカップへの参戦は無くなります。

ノヴェリストは昨年のジョッキークラブ大賞から、今年のバーデン大賞まで
GⅠ4つを含む5連勝中。
中でも、欧州最強馬決定戦の1つであるキングジョージ6世&QESでは、
圧巻の5馬身差レコード勝ちを見せました。

凱旋門賞にも参戦してきて、日本馬にとってはトレヴ(同レース1着)と、
並ぶ強敵と見られていましたが、前日に熱発でレースを回避。
回避が発表された直後、ジャパンカップの参戦も選択肢の1つとして、
挙げられていましたが、結局は今回の社台が種牡馬として購入したことにより、
その夢は叶いませんでした。

ジャパンカップに出走してから種牡馬入りすればいいのでは?
と思いますが、日本の規則でレースに出走後検疫の関係で、
一旦ドイツに戻り、再び日本に来るという行程なので、
馬に負担がかかるのを回避する狙いがあるそうです。

 
さて、ノヴェリストモンズン産駒で母父がLaunas
母系にノーザンダンサーのクロスがあるとはいえ、
そんなに濃くないので、つける相手に影響はないでしょう。
日本で活躍した下地のあるニジンスキーの血も悪くは無い。

問題は父系のモンズン
日本の中央ではピュアブリーゼが、ただ1頭走っています。
それなりの成績を上げていますが、このブランドフォード系は、
現在の日本ではホボ壊滅状態。

第1回顕彰馬に選出されたハクチカラ(1953年生まれ)や、
クラシック2冠馬クリノハナ(1949年生まれ)など、
戦後まもなくは活躍馬が多く出ていたものの、
外国産馬全盛の時代にその系統は衰え、今では出走馬の中に、
父系がブランドフォード系の馬を見ること自体が珍しい状態です。
(注:日本では)

競走馬としてならまだしも、種牡馬としてそういった状態の日本で、
はたしてどこまで活躍できるか。
もし活躍できるのなら、サンデーサイレンス以来の革命を、
日本に起こすかもしれません。

数年後が楽しみではあります。

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ