イメージ画像

2013年英チャンピオンSを制したのはファー。

<2013年10月20日>

2013年10月19日、イギリス・アスコット競馬場で、
チャンピオンステークス(芝約2000m)が行われ、
S.ドスーザ鞍上のファー(牡5)が、直線でシリュスデゼーグル
ルーラオブザワールドとの追撃を振り切り勝利。
勝ちタイムは2.12.02(重)。
前走ロッキンジS(芝約1600m)から続くGⅠ連勝となりました。

 
英チャンピオンSは、イギリスで施行されている秋競馬の総決算。
日本でいう有馬記念みたいなものです。
歴史は古く、1877年の創設から今年で136年目。

近年の欧州では芝2400mよりも芝1600~2000mの方が、
後々の種牡馬価値として上と見られているため、
凱旋門賞よりも重要度は上がってきています。

古くはナスルーラフェアウェイといった種牡馬として活躍した馬や、
近年ではジャパンカップを制したピルサドスキー
凱旋門賞ディープインパクトに先着し、そのままの勢いで乗り込んだプライド
14戦無敗で昨年引退した欧州最強馬フランケルなどが、
このレースを制しています。

今年は、確固たる主役が不在の中行われ、
レースは終始2番手で競馬を進めたファーが、直線抜け出す。
馬群でジッと足を溜めていた一昨年の勝ち馬シリュスデゼーグルと、
終始外を回り早めに追い始めていた英ダービールーラオブザワールド
必死に追いかけてきて、直線はこの3頭の競り合い。

最後までファーが粘り通してゴールしました。

ファーはこれで昨年のエクリプスSから数えてGⅠ6戦6連対。
といっても、サセックスS英国際Sではフランケルにぶっちぎられているので、
今回の勝利はフランケルの強さがより際立つものになりました。

ニエル賞凱旋門賞と日本でも話題になったルーラオブザワールド
3着とはいえ、流石に今回はスローな展開が向きませんでした。

 

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

最近のコメント

このページの先頭へ