イメージ画像

2013年ジャパンカップ出走海外馬

第33回ジャパンカップに出走する外国馬が来日し始めています。

と、言っても出走予定馬は、わずか3頭ですが・・・。

まず、11月13日にドゥーナデンシメノンが来日。
もう1頭の、ジョシュアツリーも近日中に来日予定です。

 
ドゥーナデン【仏・牡7】 42戦10勝

 <主な成績>
 2013年:サンクルー大賞2着、コロネーションC2着、ガネー賞3着
 2012年:コーフィールドC1着
 2011年:香港ヴァーズ1着、メルボルンC1着

 2011年はメルボルンC、香港ヴァーズと連勝しましたが、
 2012年はスランプ気味の成績。今年になって、成績はやや良化しましたが、
 セイントニコラスアビーやノヴェリストに完敗していて、フォワ賞では8着。
 ピークが過ぎている感は否めない。

 <参考レース>

 サンクルー大賞 2着 2013年6月23日
 

 コロネーションC 2着 2013年6月1日
 

 ドバイシーマクラシック 4着 2013年3月30日
 

 
シメノン【愛・セ6】 33戦6勝(うち障害戦績 8戦2勝)

 <主な成績>
 2013年:メルボルンC4着、ゴールドC2着

 メルボルンカップ(芝約3200m)、ゴールドカップ(芝約4000m)に、
 出走していることからも分かるように、長距離戦を得意としている馬。
 レース振りからバテない脚は魅力ですが、キレはあまり無さそう。

 <参考レース>

 メルボルンカップ 4着 2013年11月5日
 

 ゴールドカップ 2着 2013年6月20日
 

 
ジョシュアツリー【英・牡6】 31戦7勝

 <主な成績>
 2013年:カナディアン国際S1着、コロネーションC3着、凱旋門賞13着
 2012年:カナディアン国際S1着、フォワ賞3着
 2011年:カナディアン国際S2着、バーデン大賞3着
 2010年:カナディアン国際S1着、英セントレジャー5着、ジャパンカップ10着

 カナディアン国際Sに出走するためだけに産まれた馬のように感じますが、
 一応、今回の出走馬の中では大将格・・・。
 2010年に一度ジャパンカップに出走していますが、
 内々でロスなく立ち回って、直線キレ負けしているので、
 日本馬場適正という意味でどうでしょうか。

 <参考レース>

 カナディアン国際ステークス 1着 2013年10月27日
 

 第30回ジャパンカップ 10着 2010年11月28日
 

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

最近のコメント

このページの先頭へ