イメージ画像

2014年競馬番組等について

<2013年11月21日>

先月書きました2014年開催日割に加えて、
2014年の競馬番組の内容についても決定しました。
(参考:JRAサイト 2014年度競馬番組等について

これを見て、大きく変わったところを列挙していきます。
(新設・変更重賞等については、前回書いたので省略します)

 
●有馬記念における特別出走奨励金の交付

これまで有馬記念では、天皇賞(秋)もしくは、
ジャパンカップ3着以内だった馬が、
引き続き有馬記念でも3着以内に入ると、特別報奨金が授与されていました。
また、当該年度のGⅠ優勝馬についても同様です。

 例1)天皇賞(秋)1着 & 有馬記念1着 → 5,000万円
 例2)ジャパンカップ3着 & 有馬記念1着 → 2,000万円

ですが2014年度よりコレが廃止され、新たに特別出走奨励金というのを創設。
当該年度において、GⅠで3着以内もしくは平地重賞優勝馬の内、
有馬記念のファン投票で10位以内の馬が有馬記念に出走した場合、
有馬記念の着順に限らず、出走奨励金が貰えます。金額は以下の通り。

 1位~3位 → 2,000万円
 4位~5位 → 1,000万円
 6位~10位 → 500万円

つまり、ファン投票に選ばれた馬達を、
是非とも暮れのグランプリに出走させたいわけですね。
天皇賞(秋)やジャパンカップ優勝馬にとっては、有馬記念に勝利しても、
特別ボーナスが大幅に減ってしまうのでモチベーションは下がってしまいますが、
これで多くのスターホースが出走してくるなら、これも良いかもしれません。

 
●GⅠ競走における出走決定方法の改善

3歳以上のGⅠにトライアルレースができました。
現在トライアルレースはクラシック5レース及び
秋華賞のみに設けられていますが、
2014年度から古馬混合GⅠにも設けられることになりました。
これまで、「前哨戦」と言われたGⅡ・GⅢが、それに該当します。
詳しくは、競馬基礎講座の「トライアルレースとステップレース」の項目に
後日追加いたします。

なお、トライアルレースの優勝馬のみに優先出走権が与えられます。

前哨戦を勝利したにもかかわらず、
賞金不足で本番に出走できないというパターンが減りそうです。
(特にダートGⅠで多かった)

 
●収得賞金の参入方法の見直し

重賞競走を除くオープン競走について、
現行の「1着本賞金の半額」としている収得賞金を定額化することになります。
(夏季競馬である第3回東京競馬・第3回阪神競馬から適用)

 2歳:800万円
 3歳:1,000万円
 3(4)歳以上:1,200万円

ようは、いちいちOPレースの賞金額を見なくても、
収得賞金の計算がしやすくなるわけですね。

(これも、基礎講座の該当項目修正しなければ・・・。)

 
以上3点が、大きな変更点といえそうです。

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

最近のコメント

このページの先頭へ