イメージ画像

オルフェーヴルが宝塚記念回避

<6月13日>

6月23日に阪神競馬場で行われる注目の「4強対決」、
宝塚記念へ出走を予定していたオルフェーヴル(牡5、池江泰厩舎)が、
同レースへの出走を回避することが明らかとなった。

オルフェーヴルは、けさ栗東トレセンで池添謙一騎手が
跨っての宝塚記念1週前追い切りを行ったが、
調教後の息遣いがよくないことから検査を行ったところ、
EIPH(運動誘発性肺出血)を発症していることが判明したという。

同馬は昨年に続く宝塚記念連覇を目指していたが、
1週前にして急遽の回避が決定。
今後はノーザンファームしがらきへ放牧に出された上、
凱旋門賞再挑戦プランなどについても改めて検討される見込み。

-netkeiba.comより-

 

宝塚記念1週間前での突然の残念なお知らせ。
今年の宝塚記念は、
オルフェーヴルフェノーメノゴールドシップジェンティルドンナ
の、古馬4強対決で注目が集まっていただけに、
この内の大将格であるオルフェーヴルが抜けるのは、
いろんな意味で痛いですね。

この「EIPH」。
簡単に言うと、このブログでも紹介した「内因性による鼻出血」の
一歩手前の状態の様です。(紹介文はコチラ

ですので、ここで無理をしてしまうと、
宝塚記念はおろか、後々まで競争能力に影響を及ぼしかねないため、
この回避は致し方ないところ。

酷くならないうちの治療は大事。

問題は、クセになりやすい病気の為、
今後の調教・レース選びが、より一層難しくなりそうです。

昨年の凱旋門賞を見ると、
日本馬で凱旋門賞を勝つのに1番近い馬だっただけに、
この躓きは本当に残念です。

凱旋門賞を勝つ以外での種牡馬価値の向上は見込めないので、
おそらく凱旋門賞1本に絞ってくるだろうが、
それはそれで、オルフェーヴルが最後に出走した4月の大阪杯から
10月の凱旋門賞まで、6ヶ月の間隔があくことになります。

はたしてどうなるでしょうか。

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

最近のコメント

このページの先頭へ