イメージ画像

ディープ産海外馬ビューティーパーラー引退。

<6月21日>

イギリス産のディープインパクト産駒として
2012年4月のグロット賞(仏・GⅢ)で重賞初制覇、
5月の仏1000ギニー(芝1600m)でGI初制覇を
果たしたビューティーパーラー(牝4、英・H.セシル厩舎)が、
今年の5月26日に行われたイスパーン賞(ロンシャン・GI・芝1850m)での
6着を最後に現役を引退し、繁殖入りすることが明らかとなった。

-netkeiba.comより-

 
2007年ディープインパクトが引退・種牡馬入りと同時に、
イギリスからビューティーパーラの母バステットを
白老ファームに預けられ、2年連続で同馬と交配。

1年目の全兄バロッチは準重賞であるオムニウム2世賞を勝利して、
ディープ産海外初勝利に輝いた。

そして2年目に産まれたのがビューティーパーラー

2歳のデビュー時から3戦圧勝続き。
グロット賞でディープ産海外初重賞制覇。
立て続けに仏1000ギニーでディープ産海外GⅠ初制覇。
仏牝馬2冠を狙った仏オークスは惜しくも2着。

その後、厩舎移籍などもあり成績は振る合わなかったが、
ディープインパクト産駒の欧州での可能性を、
体現してくれた立役者となりました。

ちなみに、ビューティーパーラーの母父はジャイアンツコーズウェイ
ジャイアンツコーズウェイの父はストームキャットなので、
日本のターフを賑わしているディープ×ストームバード系

つまりビューティーパーラーがフランスで活躍できたことは、
これから増えてくるであろうディープ×ストームバード系の馬達にとって、
大きな後押しになる事でしょう。

ディープインパクト×ストームキャットのキズナにとっても、
凱旋門賞に向けてプラス材料でしょう。

 

なんにしても、ディープ産の欧州先駆者としてお疲れ様でした。
今度は母父ディープインパクトとして良い馬を生んでほしいです。

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

最近のコメント

このページの先頭へ