イメージ画像

ホッコータルマエ重賞5連勝で帝王賞制覇!

<6月26日>

大井競馬場で行われた「第36回 帝王賞」。
出走頭数12頭中GⅠ馬が7頭終結した上半期ダート頂上決定戦を
制したのは4歳馬ホッコータルマエ(西浦厩舎)でした。

レースはワンダーアキュート鞍上武豊騎手がスローで逃げて、
1番人気ニホンピロアワーズがそれに続いた。
ホッコータルマエは先団外に位置づけ、
直線に入るところで前2頭に並びかける。

酒井学騎手のムチで必死にこらえるニホンピロアワーズ
突き離し、1馬身差をつけて快勝。

 

(感想)

ホッコータルマエはこれで重賞5連勝。
去年はイマイチ善戦マンという感じでしたが、
徐々に力をつけていき頂点に立ちました。

ワンダーアキュート鞍上の武豊騎手が絶妙なペースに落としたので、
かなりスローな流れになって、テスタマッタニホンピロアワーズなど、
少し引っかかる馬が出てきました。
その中でホッコータルマエはジックリ折り合えていたし、
ニホンピロアワーズは、今日のような不良馬場は、
少し走りにくそうにしていました。

勝ったホッコータルマエとは馬場的性の差が出たかもしれません。
それでもココまでの競馬ができたので力はある証明はできたかと。

って、言い訳した所で
馬券はホッコータルマエ1着の馬券は購入していなかったのでハズレました。

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

最近のコメント

このページの先頭へ