イメージ画像

宝塚記念、3強対決を制したのはゴールドシップ。

<6月23日>

阪神競馬場で行われた競馬上半期のグランプリ第53回 宝塚記念
オルフェーヴルの離脱により、3冠牝馬ジェンティルドンナ
昨年の有馬記念勝ち馬ゴールドシップ
今年の天皇賞(春)を勝利したフェノーメノ『3強対決』に、
注目が集まっていました。

レースはシルポートが大逃げうつ中、
ジェンティルドンナゴールドシップフェノーメノは、
2番手集団で競馬を進める事になり、
直線に入って鋭く伸びたゴールドシップ
道中2番手で粘ったダノンバラード以下を突き離して優勝。

ジェンティルドンナフェノーメノは伸びを欠いて3着・4着。

 

(感想)

『3強対決』と謳われましたが、今回に限ってはゴールドシップの1強でした。

パドックから1人気ジェンティルドンナのテンション高く、
汗もかいていました。ゼッケン下から「白い」ものが見えていましたね。

もともと気性の荒い馬なので、許容範囲かとも思いましたが、
血統的にもスタミナがある方では無いため、
レース前にスタミナを浪費していては、
ただでさえ重い馬場でスタミナを要する中で、
ゴールドシップという現役トップレベルの馬を破りさるには、
いかにジェンティルドンナといえども難しかったようです。

思いのほかあっけない結末になりましたが、
今度はゴールドシップオルフェーヴルの対決を見たい所。

ジェンティルドンナフェノーメノは、
京都・東京競馬場の軽い馬場で、改めて見直したいですね。

ただし、牝馬は成長するにつれ適正距離が短めにシフトしていくので、
ジェンティルドンナのレース選びに注目。
凱旋門賞行かないなら、天皇賞(秋)なんかベストっぽいですけどね。

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

最近のコメント

このページの先頭へ