イメージ画像

戸崎騎手、ユニコーンSでJRA移籍後初重賞制覇。

2013年6月16日に東京競馬場で行われた、
第18回ユニコーンSで、3番人気ベストウォーリア(石坂厩舎)が、
直線馬群を割って抜け出し重賞初制覇を飾りました。

1番人気サウンドアリーナが後方に位置しすぎたため、
直線で伸びてきたものの、時すでに遅しの2着。

位置取りの差はあったものの、強い勝ち方でした。

 

ベストウォーリア鞍上の戸崎圭太騎手(32)は、
南関東競馬所属から、今年3度目のJRA騎手試験で合格し、
念願のJRA騎手になりました。

中央移籍後、安藤勝(元騎手)や岩田騎手のように、
地方の剛腕そのままに、勝ち星を重ねてきました。
ここまで54勝(騎手リーディング3位)の活躍。

しかし、重賞は初出走だったサウンドアリーナから数えて23戦。
2着はあるものの、勝ち星には恵まれませんでした。

そして、今回ベストウォーリアで中央移籍後初の重賞制覇となりました。

これで、重賞未勝利の重圧から解放されて、
バンバン勝ち星を重ねていくような気がします。

ちなみに、南関の騎手時代にはグロリアスノアの武蔵野S(’10)、
リアルインパクトの安田記念(’11)、ファイナルフォームのラジオNIKKEI賞(’12)と、
重賞を3勝あげています。

 

近年は海外・地方出身騎手に独占されている中央競馬。
中央騎手のさらなる奮起が期待されるが、
良い馬が、これらの剛腕騎手にあてがわれるのも事実。

その中で、若手騎手から1人でも多くの反骨心のある騎手が
出てきてほしいものです。

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ