イメージ画像

原田騎手、ツイッター使用で騎乗停止。

<2013年7月3日>

6月29日(土)第3回中京競馬第1日に騎乗した原田敬伍騎手は、
その前日の6月28日(金)に栗東調整ルームに入室後、
携帯電話を使用し外部との通信を行ったことが判明したため、
7月6日(土)から8月4日(日)まで30日間の騎乗停止となりました。

(事案の概要)
原田騎手本人から事情聴取を行った結果、
同騎手が調整ルームに入室後、携帯電話でツイッターを閲覧し、
友人のツイートに対して複数回返信した事実を確認しました。
この行為は騎手としての注意義務を著しく怠ったものであり、
日本中央競馬会競馬施行規程第147条第19号に該当すると
認められるため、騎乗停止30日としました。

~JRA発表~

 
今年デビューした原田敬伍騎手が、調整ルームでツイッターを、
利用したという事で、30日間の騎乗停止となりました。

このブログに訪れる競馬初心者の方の中には、
なぜツイッターをしただけで罰せられるの?
と、お思いの方もいらっしゃると思いますので、
簡単に説明いたします。

まずは騎手がレースに出走するまでの流れを
簡単にではありますが、説明します。

<JRA騎手の1週間の一般的なスケジュール>

土~日:レース
月:お休み
火~木・金:調教の手伝い等
金~土:指定時間(現在は21時)までに調整ルームに入室
土~日:レース
 ・
 ・
 ・

という感じになっています。

そして、調整ルームに入室すると、
外部との連絡を一切取ってはいけません。

知己の方に直前での馬の調子の内容を報告して、
それ以外の馬券購入者との公平性を失わせたり、
もっといえば八百長につながる恐れがあるためです。

ですので、電話・メールはもちろんの事、
今回のようにツイッター上でやり取りするだけでも、
情報漏えいと捉えかねないため、罰則規定に引っかかるわけです。

 

デビュー間もない原田騎手ですが、
彼は、先月も減量失敗で騎乗停止処分を下されています。

騎乗の腕を磨く云々よりも、
まずJRA騎手としてのプロ意識をしっかり持って、
これから精進していってほしいものです。

いつまでも武豊騎手などのベテラン勢頼りの中央騎手界ではいけません。

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ