イメージ画像

’13英インターナショナルSはデクラーレションオブウォーが制す。

<2013年8月22日>

現地時間21日、
ヨーク競馬場で英GI・インターナショナルS(芝10F88ヤード・約2100m)が
行われ、アイルランドから遠征した4番人気のデクラレーションオブウォー(牡4)が
2分5秒74の勝ち時計で優勝した。

愛ダービーを勝ったトレーディングレザー(牡3)が
淡々とした流れでレースを引っ張る中、
デクラレーションオブウォーはインの3番手を追走。
勝負処から外に持ち出されると、約1000mあるヨーク競馬場の
長い直線も味方に、前を行く2頭を鮮やかに差し切った。

~netkeiba.com~

英GⅠ・英国際ステークス(Juddmonte International Stakes)。
過去には日本からゼンノロブロイが出走し(2005年)、
エレクトロキューショニストの2着に入る好走を演じました。

今年は内々でジックリ足を溜めていたデクラーレションオブウォーが、
長い直線で外に出して、逃げるトレーディングレザーアルカジームとの
叩き合いを制しました。

さて、問題の凱旋門に挑戦する日本馬のライバル関係ですが、
前回キングジョージノヴェリストの2着だったのが、
今回逃げ粘って2着だったトレーディングレザー
同じくキングジョージで3着だった3歳馬ヒススターは前3頭から離れた4着。

昨年の英ダービー馬で凱旋門賞でも2番人気(7着)に推されたキャメロット
英GⅠ・プリンスオブウェールズで破ったアルカジームは、
今回勝利したデクレーションオブウォーエクリプスステークスで2馬身差つけて
快勝していましたが、今回はそっくりリベンジされる形に。

今回も3歳馬は強い内容を見せる事が出来ず。
欧州の3歳(牡馬)のレベルに疑問は残したままとなりました。

なお、勝ちタイム2.05.74は、このレースを制した後、
愛チャンピオンS凱旋門賞と連勝したシーザスターズ(2009年)が
出したレコードタイム(2.05.29)の次に速いタイム。

デクレーションオブウォーもこの後は愛チャンピオンSに出走予定。
凱旋門賞に挑む可能性は低いと書かれていましたが、
どうだろうか・・・。

ただ、前述のとおり上位3頭は2戦級で勝ち負けを繰り返すレベルに
あるものだと思うので、出走してきたとしても、
特に恐れるほどではないかなぁ、と思いました。

 
英インターナショナルステークス(8月21日 ヨーク競馬場 芝約2100m)

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ