イメージ画像

ニエル賞、フォワ賞の枠順決まる。

<2013年9月13日>

凱旋門賞の前哨戦、ニエル賞・フォワ賞の枠順が決まりました。
(ともにロンシャン競馬場芝2400m)

日本からはニエル賞キズナに出走。
フォワ賞オルフェーヴルステラウインドに出走。

キズナが3番枠(ゼッケンは8番)。
オルフェーヴルが1番枠(ゼッケンは7番)。
ステラウインドが3番枠(ゼッケンは5番)。

 

本番は先とはいえ、それを見据えた大事な1戦。
勝ち負けよりも内容が問われるレースとなります。

では、ニエル賞から有力馬を見ていきます。

まず、第一にフリントシャー
今年の欧州3歳勢のレベルが低いかもしれないのは度々書きましたが、
この馬はデビューが遅れたことにより、クラシックには出走しませんでした。

しかし、4戦目でGⅠ初出走となったパリ大賞典(ロンシャン・芝2400)では
中団外目の追走から直線楽に抜け出して余裕を持っての勝利。
今回も出走するマンダウィオコヴァンゴを相手に楽勝しています。

パリ大賞典勝ち馬はニエル賞でも好走確率高く、
そのまま本番の凱旋門賞でも好走する事が多いです。
ディープイパクトが出走した2006年の勝ち馬レイルリンクも、
パリ大賞典ニエル賞凱旋門賞と3連勝でした。
このレイルリンク以来、凱旋門賞では勝ち馬こそ出ていませんが、
大負けはほとんどしないので、日本馬にとっては1番の脅威ではないでしょうか。
ただパリ大賞典の勝ちタイム自体は評価できないので、
つけこむならソコ。

次にルーラーオブザワールド
今年の英ダービー馬。ドーンアプローチが圧倒的人気になりながら、
結果はルーラオブザワールドが競り合いを制し勝利し、
ドーンアプローチは大敗。
ルーラオブザワールドの時代が来たのかと思いきや、
続く愛ダービートレーディングレザーに大敗。
そのトレーディングレザーは古馬相手に善戦しているとはいえ、
勝ち馬とは、やや離れた着差ということもあって、
今年の欧州3歳勢のレベルに疑問がつく内容となっています。

他ではシカルプールトリプルスレットなど
気になるには気になりますが、
大本命の相手はフリントシャーと考えて良さそうです。
キズナがどこまで馬場に対応できるかがカギとはいえ、
フリントシャー相手に好走できれば、本番でも楽しみになりそうです。

予想としてはフリントシャーが勝つかなぁ、
と思っていますが・・・。

フリントシャーが勝ったパリ大賞典(2013)

 
続いて、フォワ賞について目を向けると、
こちはら、前年同様のオルフェーヴルが力を発揮できるなら、
問題になりそうな馬は見られません。

キャメロットが相手と言われますが、
今のキャメロットはそれほど恐れる事もないし、
脚元すくわれない限り大丈夫かと。
そういう意味では、ナウウィーキャンハヤランダにも、
気を付けるべき相手かもしれません。

まぁ、とは言ってもオルフェーヴルの力が衰えていない限り、
負ける相手じゃないと思うので、大丈夫じゃないでしょうかね。

 

なお、各レースの発走時刻は次の通り。(日本時間)

・ニエル賞:21:30 頃
・フォワ賞:23:15 頃

レースはCSの競馬専門チャンネル「グリーンチャンネル」で
完全生中継。

グリーンチャンネル未契約の方には
「ラジオNHIKKEI第1」で実況生放送します。
インターネットラジオの『radiko』で聞くことができますので、
日本馬を応援しましょう。

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

最近のコメント

このページの先頭へ