イメージ画像

ノヴェリスト、バーデン大賞制し凱旋門へ

現地時間1日、独GIバーデン大賞(芝2400m)が
バーデンバーデン競馬場で行われ、
断然の1番人気に支持されたノヴェリスト(牡4、A・ヴェーラー)が
2分33秒90の勝ち時計で優勝した。

キングジョージを5馬身差のレコードタイムで圧勝し、
来月行われる凱旋門賞の有力候補となっているノヴェリスト
レース序盤は抑えきれずに先頭を走り中盤からは2番手に控えると、
直線は馬群の内側に進路を取った。
地元ドイツのファンの前で、凱旋門賞前に走る最後のレース。

この日はわずか5頭立ての競馬で、2着馬との着差は3/4馬身。
派手なパフォーマンスは封印されたものの、
最後は格の違いできっちりと抜け出した。
仏GIサンクルー大賞の勝ち馬で、昨年のフォワ賞オルフェーヴル
2着に入ったメアンドル(牡5)が約1馬身半差の3着だった。

~netkeiba.comより~

現在、欧州最強馬(と言ってもいいのかな?)のノヴェリスト
ドイツの伝統あるGⅠレース、バーデン大賞を快勝しました。

5頭立ての番手でジックリ足を溜めて、
直線脚を伸ばす。横綱相撲と言った感じでしょうか。

少頭数のレースですが、他馬とは力が違った感じですが、
やはりそれでも相手関係が弱すぎるという感も否めないです。

フォワ賞オルフェーヴルの2着に入ったメアンドルが3着と言っても、
メアンドル自体は一昨年がピークのような感じで、昨年の凱旋門賞では、
勝ち馬ソレミアから18馬身差の12着。
今年の成績もイマイチですし、あまり比較対象にはならない。

といっても一昨年デインドリームバーデン大賞を勝利して、
凱旋門賞も制覇したので、縁起はいいかもしれません。
ですが、そのデインドリームはこのレース重馬場での圧勝劇からの、
凱旋門賞制覇。

さらに昨年もデインドリームが良馬場で、このレースを連覇したのですが、
その時ノヴェリストは3馬身はなれた4着でした。
その時の上位3頭とは勝負所でのキレ負けの印象。

昨年よりも2秒4ほど速い勝ちタイムですので、
高速馬場に適応できるイメージは、より強くなりましたが、
はたして、ロンシャンでも対応できるのかどうか。
(逆に日本にきたら面白い?)

いや、それを言ったらキズナもどうか?っていう話になるのですが。

いずれにしても、本番まで残り1ヶ月。
日本勢には悔いの残らない仕上げをしてもらいたいです。

 
バーデン大賞(9月1日 バーデンバーデン競馬場 芝2400m)

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

最近のコメント

このページの先頭へ