イメージ画像

愛チャンピオンSはザフューグが勝利。

現地時間7日、凱旋門賞に続くGI愛チャンピオンS
ダブリン近郊のレパーズタウン競馬場で行われ、
昨年の欧州最優秀3歳牝馬で2番人気のザフューグ(牝4)が
2分05秒22(良)の勝ちタイムで優勝した。

~netkeiba.comより~

凱旋門賞に向けて大事な1戦であるアイルランドチャンピオンステークス
今年は牝馬のザフューグが勝利しました。

1番人気のアルカジームは1馬身半遅れての2着。
さらに2馬身離れてトレーディングレザーが3着。

デクラレーションオブウォー英国際Sを勝利した時の、
2・3着馬が、そのまま着順が逆になり2・3着となったわけですが、
英国際Sと違って、この愛チャンピオンS勝ち馬は、
近年凱旋門賞でも好走することが多く、注意は必要です。

ただ、ザフュグは今回アルカジームに勝ちましたが、
徹底的にマークしたのが功を奏した感じで、
プリンスオブッウェールズSエクリプスSアルカジームに大敗。
能力的には、アルカジームより下という感じもします。
ですので、特段怖いというイメージも湧きません。

ただ、ダンチヒ系とサドラーズウェルズ系の組み合わせですので、
ロンシャンが合いそうな気がしないでもない。
(どっちだよ!)

 
愛チャンピオンS(9月7日 レパーズタウン競馬場 芝約2000m)

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

最近のコメント

このページの先頭へ