イメージ画像

トウカイトリックが死亡

現役を引退した後、京都競馬場で繋養されていたトウカイトリック(セン12)は16日、
重度の骨折で予後不良と診断された。

(JRA発表)

トウカイトリックは父エルコンドルパサー、
母ズーナ(父シルバーホーク)という血統。

2004年にデビューのディープインパクトと同期。
ただ同期と言っても、クラシックとは無縁でした。

芹沢純一騎手との出会いで徐々に素質が開花し、
2005年の福島記念グラスボンバーの2着に入る。

年が明けて4歳となり、戦線を長距離路線に変更。

ダイヤモンドSで3着に入り選択が間違っていなかったことを確認し、
阪神大賞典で強烈な向かい風の中逃げて、ディープインパクトの2着に粘る。

以後、阪神大賞典天皇賞・春を8年連続で出走。

長距離戦と言えば、この馬」と言えるほど、
長い間、長距離を走り切り、通算重賞3勝とは思えないほどの活躍を見せました。

2014年も現役続行が決まっていたが、故障により引退。

京都競馬場で誘導馬として調教が施されていましたが、
今回の骨折で亡くなりました。

若いころは先行して結果を出していましたが、
円熟期になってからは後方からの競馬が板につく競馬。

3000mでも距離が短いと言われた個性的な馬。
その姿が、こんなにも早く見れなくなってしまったのは残念です。

 
第46回ステイヤーズS 2012.12.01

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ