イメージ画像

第37回帝王賞 結果

<2014年6月25日>

25日、大井競馬場で第37回帝王賞(GI・ダ2000m)が行われ、
3番手でレースを進めた武豊騎手騎乗の3番人気ワンダーアキュート
直線で前を捕らえて抜け出し、
道中向正面から先頭に立って粘った1番人気コパノリッキー
2馬身差をつけ優勝した。
勝ちタイムは2分3秒5(不良)。

~netkeiba.com~

 
レース中に雨は降っていませんでしたが、
馬場は不良馬場で、水が浮くというよりもパワーのいる粘土質に
ぬかるんだ馬場。

スタートして2番人気ニホンピロアワーズが逃げる形に。
それを見るようにコパノリッキーワンダーアキュート、
さらにはソリタリーキングと続いていました。

一旦コパノリッキーが先頭に立ち、直線で競るニホンピロアワーズを
突き離していきましたが、外からワンダーアキュートが並ぶまもなく、
交わしていき、セーフティリードを保ったままゴール。

この日の馬場が内々が異常にパワーがいる状態だったので、
上手くコパノリッキーを内に閉じ込め、
外から差していったワンダーアキュート鞍上の武豊騎手の好騎乗でした。
調教からも調子が良さそうでしたし、
8歳でもマダマダやれることを見せました。

コパノリッキーは前半やや力みながら走っていて、
向こう場面ではハナを奪う形に。そこからは落ち着いていてものの、
長丁場ではスタミナロス。
加えて、前述の通り内々を回るロスもありながら、
突き放されず粘っていたのは力の証し。

 

直線でオオエライジンが故障発生。
左前球節部完全脱臼により予後不良の診断。
レース後、安楽死処分がくだされました。

園田所属の同馬は、地方レースなら堅実なトップレベル馬で、
可愛らしい姿と果敢に交流重賞にも挑戦する姿から、
多くのファンがいる名馬でした。

競馬に故障・予後不良はつきものとはいえ、
直線でのあの痛々しい姿と絶望感は慣れる事はありません。

残念です。

 

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

最近のコメント

このページの先頭へ