イメージ画像

ロドリゴデトリアーノ、肺炎で死亡(25歳)。

<2014年8月6日>

静内種馬場で功労馬として繋養されていた、
ロドリゴデトリアーノ(牡25歳 父:エルグランセニョール 母:ホットプリンセス)は、
7月中旬に肺炎を発症して治療を行っていたが、8月5日(火)午前10時30分、
肺炎による呼吸不全のため死亡した。

~JRAより~

 
ロドリゴデトリアーノはアメリカ産(1989年)イギリス調教馬。
父は英2000ギニー勝ちのあるエルグランセニョール
P.チャップルハイム調教師の下、2歳7月のデビュー後、無敗で5連勝し、
ミドルパークSでGⅠ初制覇。

年明け(1992年)初戦のグリーナムSで4着に敗れてからは、
鞍上をL.ピゴット騎手に変更し、英2000ギニーに挑戦。
道中は馬群の中央で我慢し、ゴール前で一気に弾け勝利。
続く愛2000ギニーも快勝し、2年前のチロルに続き史上3頭目の、
英愛2000ギニー連覇を達成。

勢いに乗って英ダービー(1人気)に出走。道中は後方待機。
直線に入ってある程度伸びてはいるが、
同厩舎で勝ち馬のドクダーデヴァイス等、
上位の馬達とは大きく離れた9着に敗れる。
続くセイントジェームズパレスSでも愛2000ギニーで
3着だったブリーフトゥルースに敗れ4着。

チャップルハイム調教師は一息入れる事を決意し放牧へ。

休み明け初戦は英国際S
英ダービー馬ドクターデヴァイスやエクリプスS勝ち馬クーヨンガ等、
レベルの高いメンバー相手に直線最後方から馬群を割って差し切り勝利。

続いて英チャンピオンSを連勝し、ブリーダーズカップクラシックに出走。
初ダートが影響してか、直線も為す術もなく、
エーピーインディの遥か後方、最下位の14着に終わる。

レース後引退し、日本軽種牡馬協会(JBBA)が購入し種牡馬入り。

通算13戦9勝(GⅠ5勝)

1998年のオークス馬エリモエクセルや、
2005年に2歳から息の長い活躍を見せたスーパーホーネットなど、
コツコツと種牡馬成績を重ね2013年に種牡馬引退。

功労馬として余生を過ごすが、2014年肺炎により死亡。
25歳でした。

「彼は素晴らしフットワークの持ち主。
最初から手のかからない馬でした。
彼の死はとても悲しいが、彼は良い人生を送った。」
~チャップルハイム調教師~

 

特に思い入れの強い種牡馬というわけではありませんが、
ダビスタでかなりお世話になりました。
(値段も手ごろでノーザンダンサーのインブリードが使いやすい)

大きな活躍馬こそ出ませんでしたが、
コストパフォーマンスという面では、
長い間頑張ってくれた良い種牡馬だったと思います。

後継が、ほぼスーパーホーネットだけなので、
その血が続くかどうかは、かなり厳しい面もありますが、
なんとか続いてほしいものです。

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

最近のコメント

このページの先頭へ