イメージ画像

米国種牡馬ダンカーク(Dunkirk)が輸入

昨年の米国新種牡馬チャンピオンに輝いたダンカーク(8歳、芦毛)の輸入が
決まった。来春より日高・浦河のイーストスタッドで供用される。

~netkeiba.com~

ダンカークは、父がBCジュヴェナイルや、
フロリダダービーを勝利したUnbridled’s Song(アンブライドルズソング)。
種牡馬としても多くの活躍馬を出している人気種牡馬。
Secret Status(シークレットステータス)はケンタッキーオークスマザーグースSの勝ち馬。
母の父が2冠馬エーピーインディで母母父がアリダー

ダンカークは3歳の1月にデビューし2連勝。
連勝の勢いに乗り出走したGⅠレースのフロリダダービーは、
後方から大捲りを見せるも、後にココを含めてGⅠ4勝する、
クオリティーロードに競り落とされる。

 
続いてケンタッキーダービーに出走も、
直線は伸びあぐねて11着と大敗。

米国3冠最後のレースのベルモントSに出走。
これまでの後方からの競馬から一転、逃げの戦法に。
マイペースの流れを作り直線はサマーバードの切れに屈したものの、
ダービー馬マインザットバードには競り勝ち雪辱果たす。

 
通算成績5戦2勝も、当時の同世代トップ馬達と対等に渡り合った馬でした。

 
ベルモントSの勝ち馬サマーバードは日本に輸入されるも、
わずか1年で早逝。

そのレースの2着馬が今回輸入されるわけですので、
ライバルだった同期のリベンジの為にも頑張ってほしいですね。

血統的にはミスプロ系でノーザンダンサーを一切含みません。
ミスプロ系と言っても、父と同じく毛色(芦毛)を継いでいて、
これはUnbridled’s Songの母父であるCaroの血が強く出ている可能性も。

バリバリのアメリカ血統ですが、
グレイソヴリンとボールドルーラの血が生きて、
意外とサンデー系との相性は良いかもしれません。

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

最近のコメント

このページの先頭へ