イメージ画像

2005年秋華賞馬エアメサイアが死亡

<2014年9月12日>

2005年の秋華賞(GI)を制したエアメサイア(牝12)が12日、
繁殖牝馬として供用されていた社台ファーム放牧中の事故のため死亡した。

~ラジオNIKKEI~

 
2005年秋華賞ラインクラフトとのライバル対決を制したエアメサイア
12日亡くなりました。

エアメサイアは、母が牝馬クラシック全て3着以内に入った名牝エアデジャヴー。
父はサンデーサイレンスという良血。

2004年11月京都芝1600でデビュー。
フィリーズレビューラインクラフトの僅差の3着に入ると、
桜花賞では再びラインクラフトの4着。

ラインクラフトが出走しなかったオークスでは、
馬群中団から抜け出すもゴール直前でシーザリオに交わされ2着。

ラインクラフトと3度目の対決となったローズSでは、
2番手から先頭に立ったラインクラフトを差しきり勝利。

続けて秋華賞でも早めに抜け出したラインクラフトを、
ゴール直前でわずかに交わしてGⅠ初制覇。

勢いに乗ってエリザベス女王杯に出走するも、
勝ち馬スイープトウショウから離れた5着。

年明けの中山記念も道悪が堪え3着に敗れ、
阪神牝馬Sでは再びラインクラフトに突き離され2着。

結果的にラストランとなったヴィクトリアマイルでは、
大外から豪快に伸びてくるも、
内を上手くすくったダンスインザムードが粘り切られ2着。

その後、体調が整わず長期休養に入りそのまま引退。

ライバルであったラインクラフトとは
最後のヴィクトリアマイルを入れて、通算6度の対戦。
(結果的にラインクラフトもヴィクトリアマイルがラストラン)
3勝3敗の五分の対決で、その内どちらかが勝利したレースが5レースなので、
すばらしいライバル同士だったという事でしょうか。

個人的にもこの世代は好きで、
現役中に死亡したライバルの分も、
繁殖として頑張ってほしかったですが残念です。
まだまだ、これからだっただけに・・・。

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ