イメージ画像

競争馬 サラブレッド

 

前回、「日本の競争馬=サラブレッド」と書きましたが、

では、「サラブレッドとはなんぞや?」ということです。

 

サラブレッドは、品種改良により競争に特化された競争馬の中でも、

特にスピードに重点を置かれた品種という事は前回書きました。

 

語源は、Thorough【完璧な、徹底的な】+Bred【育てられた、躾けられた】であり、

まさに、競争馬の中のエリートといったイメージでしょうか。

 

より優秀な(競馬で勝つための)サラブレッドを産むために、

日々、交配と淘汰・改良が繰り返され、日本では年間7000~12000頭が

生産されています。

しかし2012年度の生産頭数は6819頭と、その生産数は

長く続く景気の低迷も影響してか、年々減ってきています。

(それでも世界的には、サラブレッドの生産数はトップレベル)

 

ですが、その生産数の数だけでは分からない

内面的な問題が、今日本のサラブレッド界で起こっています。

それは「血統」の項目で書きたいと思いますので、

今は、

 

サラブレッドは毎年いっぱい生まれているんだ。

 

ぐらいで良いです。

 

 

ではサラブレッドの特徴について。

 

体高(肩までの高さ)は約160~170cm。

体重は約400~600kg(標準:450~520kg)。

頭は小さく、四肢は長く、胸や臀部の筋肉が発達しており、

速く走ることに向いているものの、ケガをしやすく、音や閃光に弱い。

 

標準的な毛色として、

鹿毛(かげ)、黒鹿毛、栗毛(くりげ)、葦毛(あしげ)。

 

【鹿毛】 代表馬:ディープイパクト

 

【黒鹿毛】 代表馬:シンボリクリスエス

 

【栗毛】 代表馬:オルフェーヴル

 

【葦毛】 代表馬:クロフネ

 

上の画像じゃ、ちょっと鹿毛と黒鹿毛が分かりにくいかな・・・?

 

他にも数種類の毛色がありますが、競馬場や新聞で書かれているのは、

ほぼ、上記の4種類ですので、興味のある方は、他にどんな毛色があるのか

詳しく調べてみると、面白いですよ。

 

【白毛】 代表馬:ユキチャン

 

 

で、このようなサラブレッドが、騎手と斤量(おもり)を背負って、

時速60~70kgぐらいのスピードで、1~3分間走っているのが、

現在の日本の競馬です。

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

最近のコメント

このページの先頭へ