イメージ画像

競争馬の一生

今回は、競争馬の生まれてからの流れを簡単に説明します。

※1.便宜上、中央馬の例を挙げます。

 

~0歳~

当歳馬(とうさいば)」と言われます。

だいたい春から初夏にかけて生まれます。生後6か月で母馬から離乳。

集団生活の中で自発的な運動により、基礎体力をつけていきます。

 

~1歳~

競争馬は生まれた年の次の年の1月に、全馬が1歳に数えられます。

(つまり、1月に生まれるなど早生まれの馬は、7月に生まれた馬よりも成長している)

0歳から続く自発的な運動から、秋には人を乗せるための訓練である

騎乗馴致(きじょうじゅんち)が始まります。

馬具(人を乗せるための道具)に慣れさせる訓練から徐々に人を乗せる準備が始まります。

人を乗せることに慣れていない馬にっとって、この訓練が難解で1番重要なため、

通常は数週間かけて、じっくり調教されます。

 

騎乗馴致が修了した馬は、いよいよ軽い調教から強い調教へと段階を踏んでいきます。

 

~2歳~

牧場での競走馬としての基礎を終えると、

さらに大規模な調教施設へと移されます。

その施設の拠点が、

栗東トレーニングセンター(西日本)と美浦トレーニングセンター(東日本)。

ここでデビューまでの数週間、徹底的に鍛えられます。

 

早ければ、6月にデビュー。

(馬の成長の早い・遅いがあるのでデビュー時期はそれぞれ)

 

~デビュー後~

新馬戦(デビュー戦)から引退まで、年間3~10戦ほどのレースを走ります。

 

好成績を上げた牡馬(おすうま)は、種牡馬(しゅぼば)になれます。

種牡馬とは、繁殖牝馬(はんしょくひんば)と交配できる馬です。

ようは、これから生まれてくる馬の、お父さん馬です。

 

種牡馬としての生活が終わっても、功労馬として牧場で

のんびりとした生活が始まります。

 

さらに、現役時代に偉業を成し遂げた馬は、

顕彰馬(けんしょうば)として、後世に名が残るようJRAに認定されます。

※殿堂馬とも言われます。

 

ざっくりとした説明でしたが、

デビュー以後の説明は、競馬を始める上での根幹なので、
基礎講座で順に説明していく予定ですので、
いまは、こんな感じで競争馬が生まれていくんだなぁと思ってください。

 

ちなみに上記のデビュー後の例は、

毎年生まれる7000頭の内の数頭しかいません。

その他大多数の馬は、それぞれの道へと歩んでいきます。

 

関連記事

“競争馬の一生” への2件のフィードバック

  1. 鈴木恵子 より:

    競走馬の一生についてもう少し
    詳しく教えて頂けますか。

    このページのラストのそれぞれの道へと歩んで行きます。とは

    どういう事でしょうか?

    競走馬も子馬の頃は幸せなんでしょうか?

    何か哀愁を感じてしまいます?

    • k-wind より:

      >鈴木恵子さん

      ページに記載されている極一部の競走馬をのぞいて、
      乗馬や観光等に回される馬もいれば、廃用(屠殺)となる馬もいます。
      乗馬とになったとしても、衰えれば廃用となる事も多々。
      これは、仔馬でもありえます。
      将来、競走馬としての可能性が低い場合、やはり廃用となります。
      (詳しくは、ネットで探せばいくらでも出てきます。)

      競走馬が等しく幸せな時期というのは、
      母馬と一緒の期間だけではないでしょうか。

      競馬に光の部分があるなら、かならず影の部分が出てきます。
      これを良しとするかしないかは、個々人がそれぞれで決める事で、
      他人が自分の考えを押し付けるモノでは無いと思いますので、
      私の考え方は控えさえていただきます。

      ただ現在は、そういった引退後の競争馬の第2の人生について、
      有志で共同出資して最後まで面倒を見たり、第2の働き口を探す運動などが、
      徐々にではありますが増えてきています。

      決して、日本の競馬界やファンが、
      これらの事について何も考えていないという訳ではない、
      という事をご存じでいて下さい。

k-wind にコメントする

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

最近のコメント

このページの先頭へ