イメージ画像

競馬レースの階級

今回は競馬レースのクラスを紹介します。

クラスって言っても、

「何年何組のダレダレ~」

のクラスではなくて、「階級」と言われるものです。

 

競走馬は、自分の階級に適したレースに出走することになっています。

その自分の階級で頂点を極めると、ひとつ上の階級に上がります。

 

簡単な例で言いますと、

簿記検定3級受験→合格→簿記検定2級受験→合格→簿記検定1級受験

簿記検定3級受験→不合格→簿記検定3級受験→合格→簿記検定2級受験

といった感じ。

 

中央競馬、地方競馬で様々な階級があるのですが、

このサイトに訪れる8割以上の方は、中央競馬に興味を持たれた方だと思うので、

今回は中央競馬の階級について説明します。

 

新馬戦

「競走馬」の項目でも書きましたが、全競走馬のデビュー戦です。

すべての出走馬が、初めてのレースですので、

競馬新聞等では、過去の実績は載せることはできなく、

調教や、取材・血統などで予想されています。

6月~3月ぐらいまで、週に2~5レースほど行われます。

 

未勝利戦

上記、新馬戦で負けた馬が出走するレースです。

さらに、新馬戦は3歳の3月ぐらいまでしか行われないため、

それまでにデビューできなかった馬は、自動的にこの未勝利戦で

デビューすることになります。

新馬戦をクリアできるのは1頭。

ほとんどの競走馬はこの未勝利戦での階級クリアを目指す

事になります。

 

500万下

未勝利戦を勝ち抜いた馬が出走する階級です。

「500万下」というのは、

「レースで獲得した賞金額が500万円以下」ということ。

この獲得賞金額については、少しややこしいお話になるので

また別の項目で説明します。

今は「こういうクラスがある」というぐらいで良いです。

 

1000万下

500万下をクリアした馬が出走する階級です。

 

1600万下

1000万下をクリアした馬が出走する階級です。

 

OP(オープン)

1600万下をクリアした馬が出走する階級です。

 

重賞(じゅうしょう)

「重賞レース」も厳密に言えばOPレースなのですが、

競馬界の最高峰の階級と考えてください。

 

 

以上がそれぞれの階級の説明です。

 

2歳と3歳には、

「2歳しか出走できないレース」「3歳しか出走できないレース」があります。

「3歳以上」と書かれたレースは3歳以上の馬ならどの馬も出走できます。

逆に「4歳以上」と書かれたレースには3歳は出走できません。

 

 

2歳は出走頭数の関係から、1000万下~1600万下は省かれます。

 

昇級と降級

自分のクラスをクリアして、一つ上のクラスのレースに

出走する事を昇級(しょうきゅう)と言います。

特に、初めて上のクラスに出走する事を「昇級初戦」と言います。

結構使われる言葉ですので覚えておきましょう。

 

昇級とは逆に、クラスが一段階下がることを降級(こうきゅう)と言います。

これは、特殊な例ですので、あらためて項目を作って説明します。

今は言葉だけ覚えておいてください。

 

~ひとこと豆知識~

自分のクラスをクリアしていない馬が、一段階上(二段階上もある)のクラスに

出走する事自体はできます。

しかし、その一つ上のレースの出走馬のレース登録馬が

出走頭数の上限を超えている場合、真っ先に除外になるので、

調整等が難しくなる事や、自身のクラスで確実に賞金を獲得する方が

メリットがあるので、あまり挑戦する馬はいません。

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ