イメージ画像

馬券の点数計算

馬券の点数計算

”馬券のフォーメーション計算式を知りたい”
というメールをいただいたので、
今回はそれぞれの馬券種について、簡単な計算式を記します。

ただし、馬券の計算方法にはココで書いたもの以外にも、
色々あると思われますので、ご自身の使いやすいもので計算してください。

馬券の種類の説明についてはコチラから

 

さて、始めます。

BOX

A=頭数

・枠連、馬連、ワイド:A×(A-1)÷2 
・馬単:A×(A-1)
・3連複:A×(A-1)×(A-2)÷6
・3連単:A×(A-1)×(A-2)

 
流し

A=相手頭数

・馬単(着固定)、3連複(軸2頭)、3連単(軸2頭固定):1×(A)
・3連複(軸1頭):A×(A-1)÷2
・3連単(軸1頭固定):A×(A-1)

 
マルチ

A=相手頭数

・馬単:2(A)
・3連単(軸1頭):A×(A-1)×3
・3連単(軸2頭):6×(A)

 
フォーメーション

フォーメーションは若干ややこしい。
まず3連単から。

・3連単

 A:1着数
 B:2着数
 C:3着数
 D:1.2着重複数
 E:2.3着重複数
 F:1.3着重複数
 G:1.2.3着重複数

 式:(A×B×C)-((D×C)+(E×A)+(F×B))+2(G)

 <例>
 1着:1,3,5
 2着:1,5,7
 3着:1,2,7,9,11,13

 (3×3×6)-((2×6)+(2×3)+(1×3))+2(1)=35
 

・3連複

 前提:2軸の馬がヒモにもいる場合。

 1軸数:A
 2軸数:B
 ヒモ数:C

 式(1軸数=1頭):(B×C)-((C×C)-(C×(C-1)÷2)) → (a)

 3連複の場合1軸数が1頭の場合は上記の通り、
 いわゆる馬連のフォーメーション式で求められます。

 
 しかし問題は、1軸数が増えた場合、

 上記式(a)のBおよびCから1を減算 → (b)
 上記式(a)のBおよびCから2を減算 → (c)
          ・
          ・
          ・
 
 1軸数=2頭 :(a)+(b)
 1軸数=3頭 :(a)+(b)+(c)
          ・
          ・
          ・
 
となりますが、エクセルの1つのセルに計算式を入れるとなると、
かなり煩雑になってしまいます。

さらに、この式は前提として2軸の馬が、
必ずヒモにも入っていることを条件としています。
そうでない場合は、それに応じて計算式をアレンジする必要があります。

おそらくマクロや適した関数があると思われますので、
そちらをお使いください。
 
なお、フォーメーション馬券はJRAホームページに、
チェックをいれるだけで馬券の点数を自動的に、
算出してくれるページがありますので、
パソコン等で確認できるのであれば、
ソチラを使う方が楽かと思われます。↓

http://www.jra.go.jp/kouza/useful/mark_form_tensu/(JRAサイト)

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ