イメージ画像

今週の新馬戦結果 ’13年6月15~16日

<6月15日>

函館 5R 芝1000 8ト(混)

 1.ファソン
 2.シュヴァリエ
 3.ディアゴッホ
 4.ヒルノバーハーバ
 5.コスモラヴコール

ファソンが逃げ粘りました。
シュヴァリエ以下はあまり見るところがありませんでした。

函館や小倉といった栗東・美浦TCから遠いローカル競馬場の新馬戦は、
最終調整が坂路調教でない事が多いため、
POG指名する際には、他の手段をもって指名しなければなりません。
逆に、当ブログでも書いているように、
坂路調教は公開手段が多いので、好時計をマークしている馬は
当然指名人数も多くなります。
ですので、坂路調教以外で最終追い切り等をしている馬を、
いかに指名するかも、POG攻略のカギです。

Gallop勝ち馬評価:★★★★☆☆☆

 

阪神 5R ダ1200 10ト(混)

 1.グランシェリー
 2.グレイトハスラー
 3.エイシンソルティー
 4.ドリームカイザー
 5.アスタークレバー

グランシェリー(推奨馬★3)が内で脚を貯めてゴール前差し切りました。
好位で力を貯めれた勝ち馬に比べて、
2着グレイトハスラーは終始、外々を回されたので、
この着順は内外の差だと思います。

Gallop勝ち馬評価:★★★★☆☆☆

 

東京 5R ダ1400 12ト(混)

 1.アンズチャン
 2.シャークベイ
 3.エスティレイズ
 4.レイヨンヴェール
 5.ディアアイスバイン

新馬戦にしては早めのペース。
中団から差してきたシャークベイを後方から追い上げたアンズチャンが
ゴール前で交わしてデビュー勝ち。

アンズチャンの勢い的に特に関係なかったが、
シャークベイの内田博騎手、一旦抜け出して、
少し安心したのか、若干追い方が緩んだような・・・。

当ブログでは紹介止まりだったシャークベイとしては、
絶好のペースだっただけに勝っておきたかったところ。

Gallop勝ち馬評価:★★★★☆☆☆

 

<6月16日>

函館 5R 芝1200 10ト(混)

 1.オールパーパス
 2.ツクバジャパン
 3.メジャースタイル
 4.チュロ
 5.コスモエルデスト

好スタートを切ったオールパーパスが逃げたツクバジャパンを
直線で交わして勝利。
オールパーパスはJRA-VAN指名人数が212人と意外と多い。
しかし、ツクバジャパンは16人ですので、
今日の走りなら、おそらく次走も勝ち負けできそうなので、
高ポイントゲットできそうですね。

2番人気で大差で負けたキャンバス。
新種牡馬ディープスカイ産駒は、
どうも初戦向きではなさそうですね。

Gallop勝ち馬評価:★★★☆☆☆☆

 

阪神 5R 芝1600 14ト(混)

 1.ヤマニンアリエッタ
 2.ナムラアッパー
 3.デリッツァリモーネ
 4.ウインスプラッシュ
 5.ワンダフルワールド

やや出遅れ気味でスタートしたヤマニンアリエッタが、
徐々に押し上げて直線で先頭立って押し切り。
ヤマニンアリエッタは活躍馬を数頭出しているヤマニン一族。
母は、カワカミプリンセスが勝利したオークスで、
豪快に逃げて、豪快に負けたヤマニンファビュル。

1番人気のデリッツァリモーネは出遅れて4コーナーでつまって、
直線挟まれて、他馬にぶつかりながらも3着。
次走は勝ち負けできるでしょう。

Gallop勝ち馬評価:★★★★☆☆☆

 

東京 5R 芝1400 8ト(混)

 1.リターンラルク
 2.ウインフェニックス
 3.デルカイザー
 4.テンノハゴロモ
 5.ダンディゴールド

新馬戦では珍しく後方から直線だけでゴボウ抜き。
これは強い競馬。ただ出遅れなければ、もっと楽に勝てたので、
そこらへんが今後の課題でしょうか。
ただ半兄のオーシャンエイプスも新馬戦の勝ちっぷりは派手でしたので、
お兄さんと同じ歩みをしなければ良いですね。

Gallop勝ち馬評価:★★★★★☆☆

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ