イメージ画像

今週の新馬戦結果 ’13年6月22~23日

<6月22日>

函館 5R 芝1200 9ト(牝)

 1.シュシュブリーズ
 2.マイネジュラメント
 3.クールジョジョ
 4.ダイヤハート
 5.プラチナティアラ

好位からの競馬を進めた1番人気シュシュブリーズが順当勝ち。
JRA-VAN POGでは62人指名。意外と少ないですね。
マイネジュラメントも良い脚で追い上げていたので、
次走は勝ち負けレベルでしょう。

5着のプラチナティアラは、ひそかにJRA-VANで指名しました。
ダービー云々ではなく、シェアポイント狙い(20人)ですので、
こういう風にコツコツ稼いでいってくれればOK。
今日は出負けして外々回っていたので、
よく頑張ってくれた方かと思います。

Gallop勝ち馬評価:★★★☆☆☆☆

 

函館 6R ダ1000 8ト(混)

 1.タマモエスカルゴ
 2.フクノドリーム
 3.サリレモンド
 4.コスモチャイム
 5.アルマセクレタ

勝ち馬・2着馬とも出遅れ。
タマモエスカルゴはそこから押して先頭に立って押し切り。
フクノドリームは控えて直線勝負で鬼脚炸裂。

2頭共スタートは課題ですが、強い内容。

Gallop勝ち馬評価:★★★☆☆☆☆

 

阪神 5R 芝1200 12ト(混)

 1.クリノジュロウジン
 2.アドマイヤビジン
 3.トアラストフェアリー
 4.スマートエビデンス
 5.ベラフォレスタ

11番人気のクリノジュロウジンが、外から上位人気馬全てを
薙ぎ払って差し切り勝ち。

クリノジロウジンはタニノブーケから続くタニノ一族。
近親に天皇賞・春を勝利したビッグウィークなど。
低人気馬とは思えない程の強さでした。
JRA-VANでは16人指名。
これは拾いモノの指名かもしれません。

Gallop勝ち馬評価:★★★☆☆☆☆

 

東京 5R 芝1400 16ト(牝)

 1.マーブルカテドラル
 2.レヴアップスピン
 3.マイネパシオーネ
 4.ハートビートハーツ
 5.ヘヴンリーシチー

勝ち馬マーヴルカテドラルの兄姉は全て個人馬主だったけど、
この馬は社台RHだったことに注目しておかなければなりませんでしたね。
レースとしては普通かな?

推奨馬(★3)のスローライフは出遅れてから、
道中カカリ気味にスパートして直線で脚がなくなるという
最悪な展開になってしまいました(10着)。
この1戦で見限るのは早計なので、
もう少し見ていきたいところ。

Gallop勝ち馬評価:★★★★★☆☆

 

<6月23日>

函館 5R 芝1200 9ト(混)

 1.ファイトバック
 2.ドラゴンスパン
 3.ヴァイサーリッター
 4.アルマエルナト
 5.コスモラヴモア

好位からゴール前で粘るドラゴンスパンと
ヴァイサーリッターを交わしてファイトバックが勝利。

ファイトバックは札幌2歳S(’10)を勝利したオールアズワンの半弟。
切れ味を見てみると、根本的に洋芝が合う血筋なんでしょうね。

Gallop勝ち馬評価:★★★★☆☆☆

 

東京 5R 芝1600 16ト(混)

 1.マイネグラティア
 2.ドリームティアラ
 3.キョウエイダルク
 4.ベルプラージュ
 5.キネオダンサー

マイネグラティアが先行各馬を差し切っての勝利。
本当にラフィアンと柴田大騎手の繋がりは強いですね。

出し抜けを食らった感じの良血馬ドリームティアラは
次走勝ち負けレベルだと思います。

Gallop勝ち馬評価:★★★★☆☆☆

 

阪神 5R 芝1800 9ト(混)

 1.ピオネロ
 2.レッドラヴィータ
 3.カレンヴィットリア
 4.ヴァンクウィッシュ
 5.マウンテンライオン

超スローの中、中団待機していたピオネロが、
直線一気の差し切り。
内外の馬場差はあるにしても、ペースを考えたら強い内容。

推奨馬のカレンヴィットリア(★3)は内に切り込んだ為、
外を回ったピオネロと差が出来ましたが、
まずまずの内容だったかと。

Gallop勝ち馬評価:★★★☆☆☆☆

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ