イメージ画像

今週の新馬戦結果 ’13年7月13~14日

<7月13日>

函館 5R 芝1200 5ト(混)

 1.マイネルフォルス
 2.ヤマノハヤブサ
 3.ノースショアビーチ
 4.グレイスビクトリア
 5.キクノリーガ

2番手を追走したマイネルフォルスが押し切り勝利。
ヤマノハヤブサの方が手応え良く回って直線に入ったんですが、
競り合ってからの勝負根性が目立ちました。

この2頭以外は目立つ馬なし。

マイネルフォルスはダート重賞で活躍したシルクメビウスの半弟。
そして1つ下の牡馬がシルクメビウスの全弟(父ステイゴールド)。

Gallop勝ち馬評価:★★★☆☆☆☆

中京 5R 芝1200 14ト(混)

 1.ラブリープラネット
 2.ホープタウン
 3.クーファナイン
 4.エインジェルミディ
 5.タウトナ

好発から外を追走したラブリープラネット(推奨★1)が
直線で前をいく馬を交わして勝利。

まだまだ余裕ある勝ち方でしたので、距離伸びてからも面白そう。
ただ、推奨時に「穴っぽくて面白い」と書きましたが、
1番人気だったのには驚きと共に、残念。

と、思ったら、今年の千葉サラブレッドセールでの
2歳牡馬最高セリ価格だったとか。

ホープタウンは今週の坂路で少しだけ触れましたが、
(血統面で非推奨)意外と、走りましたね。

Gallop勝ち馬評価:★★★★☆☆☆

福島 5R 芝1200 13ト(牝)

 1.コスモマイルール
 2.サトノマーメイド
 3.ケルシャンス
 4.エクスペリエンス
 5.ニシノベニザクラ

直線で上位2頭が併走し、競り合いからコスモマイルールが、
力強く抜け出して勝利。

ただ、特に強さは感じませんでした。

今週の坂路で触れたニシノベニザクラ(非推奨)は、
直線、バテテはいないがジリジリ。

Gallop勝ち馬評価:★★★☆☆☆☆

 

<7月14日>

中京 5R 芝1400 10ト(混)

 1.ハープスター
 2.オウノミチ
 3.ロードストーム
 4.テイエムリヴィエラ
 5.カシノヒカル

中団で待機していた1番人気ハープスターが、
同馬をマークしていたロードストームが動いたのと同時に、
併走しながら上がっていき、直線で内に切り込み後続を突き離し勝利。

牝馬ながら、なかなかの勝負根性を見せました。
推奨馬(★4)のロードストームは外々を回された分もありますが、
あそこまで仕上がっていてこの競馬なら、
レース前に陣営が言っていた通り、兄と比べてはいけないかもしれませんね。

Gallop勝ち馬評価:★★★★★☆☆

福島 5R 芝1800 16ト(混)

 1.マイネグレヴィル
 2.マジックタイム
 3.サトノスティング
 4.マイネルヴェルト
 5.ピザン

スローな流れで2番手追走していたマイネグレヴィルが、
直線後続を突き離して圧勝。

新馬戦らしい、完全な前残りレースですが
上位人気馬がほとんど後ろにいた為、波乱になりました。

上位入線馬のほとんどが前に行った馬ですが、
唯一マジックタイムのみが、後方から捲ってきた馬。
最後は足が止まっていましたが、次走注目。

マイネグレヴィルはブライアンズタイム産駒。
本当に偉大な種牡馬です。

Gallop勝ち馬評価:★★★★★☆☆

福島 5R 芝1400 10ト(混)

 1.ユールドゥー
 2.マンハッタンヘンジ
 3.コアクマ
 4.トップアドバンス
 5.サクラシュトローム

内を上手く回ったユールドゥーが勝利。

外を回った馬と内を回った馬での差が出た感じ。
2番人気サクラシュトロームはコーナーで大きく外を回され、
最後まで足が残りませんでした。

大きく開いた内を突っ込んできたコアクマと、
外を良い脚で追いこんできたトップアドバンスは次走注目。

ユールドゥーは近親に日経賞価値のアルナスライン。
サンデーサイレンスの2×4とノーザンテーストの4×4を持っています。
良い方向に向けばいいが、正直どうか。

Gallop勝ち馬評価:★★★★☆☆☆

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

最近のコメント

このページの先頭へ