イメージ画像

今週の新馬戦結果 ’13年9月28~29日

<8月28日>

阪神 5R 芝1800 11ト(混)

 1.バンドワゴン
 2.トゥザワールド
 3.メイショウチギリ
 4.アグリッパーバイオ
 5.ドラゴンストリート

良血馬が揃ったレースでしたが、
楽に先手を取ったバンドワゴンが逃げ切り完勝。
スローの流れでラスト33.5でまとめられてしまっては、
後続の出番はありませんでした。

Gallop勝ち馬評価:★★★★★☆☆

 
中山 5R ダ1200 16ト(混)

 1.オーゴンボルト
 2.トルセドール
 3.サンアナハイム
 4.ダテノトライアンフ
 5.ベニノラブリー

新馬戦では珍しく前傾ラップ。
先手をとった馬達は沈んで、差し競馬となりました。

Gallop勝ち馬評価:★★★☆☆☆☆

 
阪神 6R ダ1400 11ト(混)

 1.ダンツキャッチ
 2.サトノバーキン
 3.メイショウホウトウ
 4.アラートミノル
 5.ステラマリーン

サトノバーキンとメイショウホウトウの競り合いを、
外から一気にダンツキャッチが交わしてゴール。
差し競馬にはなったが、上位3頭はマズマズのレベル。

Gallop勝ち馬評価:★★★★☆☆☆

 

<8月29日>

阪神 5R 芝1400 17ト

 1.ダイワダルタニアン
 2.クインズハリジャン
 3.ガルデルスリール
 4.マサノクリスタル
 5.クリノカンパニー

好発から外目の好位につけたダイワダルタニアンが
直線でクインズハリジャンとの叩き合いを制しゴール。
阪神芝1400mにありがちな先行決着。
レベル自体はそれほどか。

Gallop勝ち馬評価:★★★★☆☆☆

 
中山 4R 芝1600 14ト(混)

 1.レッドルシアン
 2.フルールシチー
 3.ペアン
 4.スパーブデイ
 5.コスモジグ

好発でハナを切ったフルールシチーを
後ろからマークしていたレッドルシアンが、
直線で狭い所を割ってきて勝利。

先行決着でしたが、勝ったレッドルシアンは直線で、
一瞬前が壁になって追い出しが遅れました。
4コーナーの仕掛け所で押し始めていたのですが、
そこでは伸びなかったのに、直線前が開いてからは良い伸び脚。
広いコースの方が競馬はしやすいかもしれません。

レッドルシアンの坂姉はギンザボナンザ(OP)。

Gallop勝ち馬評価:★★★★☆☆☆

 
中山 5R 芝1800 10ト

 1.ディアデルレイ
 2.ラステラ
 3.ディールフロー
 4.イタリアンネオ
 5.フヨウヤマヒコ

超スローの流れで好位外目につけていたディアデルレイが
直線での競り合いを制しゴール。
勝ちタイムも上り自体も平凡ですが、
あまりにもスローだった為評価しづらい。

ディアデルレイの母は重賞で活躍し続けたディアデラノビア。
3番目の子供で、いずれも勝ちあがっています。

Gallop勝ち馬評価:★★★☆☆☆☆

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ