イメージ画像

今週の新馬戦結果 ’14年10月11日~14日

<10月11日>

京都 3R ダ1400(混) 13ト

 1.フォンタネットポー
 2.ケンブリッジゴール
 3.ディアデム
 4.セレブレイトソング
 5.ナムラジョフレ

ミドルペース。

外枠から好スタートを決めたファンタネットポーは好位。
ケンブリッジゴールが押してハナを切りマイペース。

直線フォンタネットポーが並びかけるも、
必死にケンブリッジゴールも食い下がり併走するようにゴール。
わずかにフォンタネットポーが抜け出し勝利。

勝ちタイムは平凡も血統的に先が楽しみ。

フォタネットポー(父Dunkirk)は、
半兄に丁度2日後に南部杯を勝利したベストウォーリア。

評価:★★★☆☆☆☆

 
東京 4R ダ1600(混) 16ト

 1.オメガハイヌーン
 2.コスモアソルテ
 3.パッショネイトラン
 4.ノボバカラ
 5.ヴェイルドスケール

ミドルペース。

ハードアスリートがハナ主張。
内の各馬が強いてい行く馬おらず、外からオメガハイヌーン
楽に好位につける。直線に入って周りを囲まれて追い出しが遅れるも、
前が開いてからは一瞬で後続を突き離し勝利。

メンバーが弱かった印象はあるが、
レースセンスはありそうで、勝ち馬のみ上でも通用しそう。

評価:★★★★☆☆☆

 
京都 5R 芝1400(混) 15ト

 1.ペルフィカ
 2.アポロケンタッキー
 3.メジャーガラメキ
 4.サトノギアス
 5.コウエイサムライ

ハイペース。

タガノポワンが押してハナに立つも、
中からスピードチュウイも
負けじとハナ争いしてペースが速くなる。

一方ペルフィカは煽り気味にスタートし後方。
直線に入って先行各馬は失速。
外からメジャーガラメキが抜けて先頭も、
さらに大外をペルフィカが差し切って勝利。

新馬戦では珍しい差し・追い込み決着で、
展開ド嵌りしましたが、直線は切れ味抜群。
日曜のりんどう賞よりも勝ちタイムは良く、
上でも十分通用しそう。

評価:★★★★☆☆☆

 
東京 5R 芝1600(牝) 17ト

 1.キャットコイン
 2.ブロンディジェニー
 3.パンプルムース
 4.エバーキュート
 5.レディローズ

スローペース。

好スタートを切ったパンプルムースがハナ。
キャットコインはやや出脚つかずラチ沿い中団。
スローな流れで一塊のまま直線へ。

先行した馬が最後まで残り決着しかけたところで、
終始ラチ沿いを追走していたキャットコインが、
ゴール前で猛追し勝利。

基本的には前残りレース。
キャットコインは上手く回ってきた印象で、
距離はマイルまでがベストでしょう。

キャットコイン(父ステイゴールド)は、
半姉にファンタジーS勝ちのタガノエリザベート等。

評価:★★★★☆☆☆

 
<10月12日>

 
東京 4R ダ1300 16ト

 1.レザンドゥオール
 2.リリーウイナー
 3.ヒルプリンセス
 4.ケイジーオプティー
 5.サンチュータ

ミドルペース。

コウイエイトゥルースがハナ主張してマイペース。
レゼンドゥオール外から中団追走。
直線に入って、先行集団に並びかけ、粘るリリーウイナーを、
降り切って勝利。

勝ちタイム・上り共にマズマズ。

評価:★★★☆☆☆☆

 
京都 5R 芝1800 8ト

 1.マサハヤドリーム
 2.クリプトグラム
 3.ホッコーペリノア
 4.メイケイヘリオス
 5.ナゴミ

ミドルペース。

行く馬おらず、ややカカリ気味にナゴミがハナに立つ。
スタート後は無理しなかったマサハヤドリームが、
ペースがゆる団ところでジワジワ先頭集団に並びかけ、
直線内から一気に伸びて楽勝。3着以下突き離す。

メイショウサムソン産駒とは思えない切れ味。

勝ちタイム自体は、それほど凄いものではありませんが、
スローになっても、これぐらいの走りを見せるのであれば、
上でも通用しそうです。

評価:★★★★☆☆☆

 
東京 5R 芝1800 18ト

 1.ラブユアマン
 2.ドゥラメンテ
 3.ロジナン
 4.テキスタイルアート
 5.エニグマバリエート

ミドルぺース。

ダイニヨシゼン、フラングジョイ、アフェクシオンが
ハナ争いで先行するもペース自体はそれほど上がらず。

離れた4番手にラブユアマン
直線に入って外に持ち出したラブユアマンが、直線半ばで先頭。
出遅れから盛り返してきたドゥラメンテが猛追も、
ラブユアマンがセーフティリードを保ち勝利。

鞍上が上手く乗った印象。
レースレベル自体は低いか。

評価:★★★☆☆☆☆

 
<10月13日>

 
東京 4R 芝1400 14ト(混)

 1.アミーキティア
 2.ウインレナータ
 3.リーディングライツ
 4.アップセッター
 5.ユメオカナエテ

ミドルペース。

抜群のスタートを切った1番人気ハネムーンソングでしたが、
ロードアルタイルとアミーキティアが並びかける。
ロードアルタイルにハナを譲り先頭へ。

直線でハネムーンソングが先頭に躍り出るも、
その外から一気にアミーキティアが交わし去り、
後続の追撃を尻目に勝利。

馬場状態を考えれば、
勝ちタイム・上り共にマズマズ。

評価:★★★★☆☆☆

 

<2014年10月14日>

京都 4R 芝1600(牝) 18ト

 1.グレイスフルワード
 2.ダンシング
 3.スキースクール
 4.グロッシュラー
 5.クライミングローズ

ミドルペース。

行く馬おらず、内からトラストニーケがハナ。
グレイスフルワードは2番手集団の外目。
直線に入り2番手追走していたダンシングを、
外から一気にグレイスフルワードが交わしきり勝利。

まずまず。

グレイスフルワード(父ハーツクライ)の母は、
ウインクリューガーの半妹で短距離戦線で活躍したタニノハイクレア。

評価:★★★★☆☆☆

 
京都 5R 芝2000(混) 6ト

 1.ベルーフ
 2.グリュイエール
 3.チャリスウェル
 4.タガノフォーエバー
 5.スマートシルフ

超スローぺース。

好スタートからスマートシルフがハナでスロー。
ゆったりしたペースで直線へ。
外から早めに先頭に立ったベルーフが、
グリュイエールの追撃を振り切り勝利。

馬場状態を考慮しても時計が掛かりすぎ。
上位2頭はある程度評価できるものの、
レースレベル自体は低い。

ベルーフ(父ハービンジャー)の母は、
ステイゴールドの全妹で、牝馬重賞戦線で活躍したレクレドール。

評価:★★★★☆☆☆

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ