イメージ画像

今週の新馬戦結果 ’14年2月15~18日

<2月15日>

京都 2R ダ1800 13ト(混)

 1.サクセスグローリー
 2.キングオブタイム
 3.ニチドウリュンヌ
 4.ショーファイア
 5.タイキイルソーレ

不良馬場で行われた一戦。
中緩みの展開。

番手に控えようとしたが、抑えられない勢いで
サクセスグローリーがハナを切る。
先頭に立ってからは折り合ってマイペース。

直線入って、追い出されてからは後続をちぎり捨て圧勝。

ゴール前は追っていない割に、
上りもシッカリまとめているので優秀。

ただ、スタートしてからの行きたがりぶりを見ると、
控えての競馬にやや不安が残る。
競馬を覚えていけば解消する程度だが。

サクセスグローリーは全兄にフェブラリーSや
東京大賞典を勝つなどダートGⅠで活躍したサクセスブロッケン等。

 

<2月16日>

小倉 5R 芝1800 13ト(混)

 1.エイシンフランキー
 2.ヤマカツゴーゴー
 3.エイシンコアー
 4.メイショウロッソ
 5.オニガイ

ややスロー。

好スタートから一旦内の好位に控えたエイシンフランキーが
直線入って内から伸びて完勝。

内枠と、やや渋った馬場も味方したか。

エイシンフランキーは全姉に阪神JFで3着に入るなど、
2歳戦で活躍したベストクルーズ等。

 
京都 5R 芝1600 16ト

 1.プリモンディアル
 2.インターンシップ
 3.スリーアロー
 4.ビジュートウショウ
 5.エイシンホルン

淡々としたペース。

好スタートからハナを切ったプリモンディアルが
直線インターンシップとスリーアローの追撃を振り切り勝利。

前目につけていないと厳しい馬場でしたが、
マズマズの内容。

プリモンディアルは近親に皐月賞馬アンライバルドやヴィクトリー等。

良血馬と言えばGⅠ馬スイープトウショウとディープインパクトの
子どもであるビジュートウショウが出走していました。
番手につけて直線は粘り切れずの4着。

前にいかなければ厳しい馬場だったとはいえ、
この血統であれば後ろからの競馬が見たいところ。

 

<2月17日>

東京 2R ダ1400 16ト

 1.マルクプレンヌ
 2.スイフトフォンテン
 3.カリビアンロマンス
 4.クアトロマエストロ
 5.コートリーラッシュ

淡々としたペース。

中団外目を追走していたマルクプレンヌが
直線坂上から先行各馬が脚色鈍る中、良く伸びて、
ゴール前で差し切って勝利。

前が残りやすい馬場の中、良く差し切りました。
マズマズの内容。

 

<2月18日>

東京 1R ダ1400 16ト

 1.フローズンロープ
 2.サウススターマン
 3.イミラカチャ
 4.フクノトリアイナ
 5.トウショウエディタ

ややスローな流れ。

大外からスタートよく2番手につけたフローズンロープが
直線も手応え良く、後続を寄せ付けず勝利。

スローな流れだったとはいえ、やや差し馬有利な展開になった中、
大外からの番手競馬で、終始余裕の手応えでの勝利。
レベルは高いと思います。

フローズンロープはブラッシンググルームの3×4。
距離はもっと伸びてもよさそう。

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

最近のコメント

このページの先頭へ