イメージ画像

今週の新馬戦結果 ’14年2月8~10日

<2月8日>

小倉 6R 芝1200 18ト(混)

 1.ブロンシュダーム
 2.タマモテンカラット
 3.レッドレイチェル
 4.カフジファルコン
 5.ハイリーカズマ

淡々としたペース。

番手で競馬を進め、直線で後続の2~3着争いを尻目に、
余裕を持っての完勝。

ゴール前も余裕があって、マズマズの内容。

ブロンシュダームの母は’08~’09年にかけてスプリント界で
王者として君臨したスリープレスナイト。
スリープレスナイトは、ブロンシュダームを産み落とし、
死亡したので、競走馬としてはこの馬のみ。

 
京都 6R 芝2000 15ト

 1.ダイシンサンダー
 2.メドウラーク
 3.キングランベリ
 4.ロードプライド
 5.ストロングバルドル

ややスローな流れ。

中団外目から坂を下る勢いを利用して4コーナーで、
一気に船団に並びかけ、直線で先頭に立ち、
メドウラークの追い上げを振り切り勝利。

川田騎手、直線で1頭抜けてから、
一瞬気を抜こうとしたように見えたが・・・。

 

<2月9日>

京都 2R ダ1200 16ト(混)

 1.キネオキャノン
 2.スターペスユウコ
 3.バトルフェイス
 4.プロセキューション
 5.トミケンカリエンテ

淡々としたペース。

好位のラチ沿いを追走していたキネオキャノンが
直線で2~3着馬の競り合いを外からかわし勝利。

馬場的に前目につけていないと厳しい競馬。

キネオキャノンは近親にジャパンカップを
勝利したスクリーンヒーローやマイル重賞で活躍したアブソリュート等。

 
京都 6R 芝1600・内 15ト(混)

 1.アドマイヤアース
 2.ウチノウマサイコー
 3.メイショウネブタ
 4.イルーシヴキャット
 5.サットー

淡々としたペース。

マイペースで逃げていたウチノウマサイコーを
後方から直線一気のアドマイヤアースが交わして勝利。

外が伸びる馬場でしたが、内回りで前残りの展開を交わせたのは、
上々の内容。

 

<2月10日>

東京 3R ダ1600 16ト

 1.トーアコナユキ
 2.タカラフローリック
 3.シェンドルボン
 4.コスモナチュラル
 5.アントファガスタ

淡々としたペース。

前に行かなければ勝負にならない馬場状態。

好位外目で追走していたトーアコナユキが、
先行各馬の叩き合いを制し勝利。

 
東京 6R 芝1600 16ト(混)

 1.シングンジョーカー
 2.シレーナ
 3.マローブルー
 4.ダブルコーク
 5.メイショウアガサ

淡々としたペース。

2番手で追走していたシングンジョーカーが
直線でしぶとく伸びて勝利。
渋った馬場が生きた内容。

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

最近のコメント

このページの先頭へ