イメージ画像

愛チャンピオンS(2015)の出走馬確定

アイリッシュチャンピオンステークス(2015)出走馬

9月12日にアイルランドのレパーズダウン競馬場で、
アイルランド競馬の総決算アイリッシュチャンピオンSが行われます。

昨年は英愛ダービー馬のオーストラリアを、
ザグレイギャッツビーが破るという小波乱でした。

今年は英ダービー馬Golden Horn(ゴールデンホーン)
3歳最強マイラーGleneagles(グレンイーグルス)
昨年度覇者The Grey Gatsby(ザグレイギャッツビー)
最強老兵Cirrus Des Aigles(シリュスデゼーグル)などが出走。

Golden HornGleneaglesが、
未実現だった英国際Sに続いての対決なるかに注目集まりますが、
これまた両方とも、当日の馬場次第ではスクラッチ(回避)するとの事。
そして、これまた週末のアイルランド地方は雨予報。
Golden Hornはまだしも、これまで3戦連続馬場により、
スクラッチしているGleneaglesは出走しない可能性が高そう。
逆に雨が歓迎なのが9歳馬Cirrus Des Aigles
さすがに衰えたとはいえ道悪はめっぽう強い。

さて、どうなるか今年の愛チャンピオン。

⇒ 結果

1.Cirrus Des Aigles(シリュスデゼーグル セン9)

 63戦22勝 父 Even Top 母 Taille De Guepe(Septieme Ciel)
 欧州の最強老兵。良馬場でも十分強いですが、
 道悪だとフランケルに迫るなどスーパーサイヤ人化。
 さすがに衰えは見せるも馬場悪化すれば。
 今年はガネー賞勝ちがあるものの、故障などもありまだ3戦目。
 愛チャンピオンSは意外にも初出走。

2.Free Eagle(フリーイーグル 牡4)

 5戦3勝 父 High Cahparral 母 Polished Gem(Danehill)
 体質的に使いこめない馬で、古馬ですがまだ5戦。
 前走はプリンスオブウェールズSでThe Grey Gatsbyを完封しGⅠ初勝利。
 連勝が期待されるが、この馬も馬場が悪いと回避の可能性あり。

3.The Grey Gatsby(ザグレイギャッツビー 牡4)

 16戦4勝 父 Mastercraftsman 母 Marie Vision(Entrepreneur)
 昨年はAustralia(オーストラリア)を差し切り勝利。
 今年は4戦未勝利でイマイチ乗り切れないものの、
 この中距離戦線のトップレベルの馬。
 前走の英国際SではArabian Queen(アラビアンクイーン)3着。
 前年度覇者の意地を見せるか?
 
4.Gleneagles(グレンイーグルス 牡3) → 回避

 9戦7勝 父 Galileo 母 You’resothrilling(Storm Cat)
 今年の英・愛2000ギニー勝ち馬。3歳最強マイラー。
 6月のセントジェームズパレスS勝利以後、サセックスS・ジャックルマロワ賞・英国際Sと、
 馬場悪化によりスクラッチ。今回も雨予報でスクラッチ濃厚。
 それでも馬場が回復し出走することになれば、
 いよいよ3歳最強対決実現となるのですが・・・。
 なお、この後はBCクラシックを予定しているそうです。
 

5.Golden Horn(ゴールデンホーン 牡3)

 6戦5勝 父 Cape Cross 母 Fleche D’Or(Dubai Desination)
 今年の英ダービー勝ち馬。今年の目玉。
 前走英国際Sでは圧倒的1番人気もArabian Queenの驚異的な粘りに、
 初黒星をつけられる。道中カカリ気味に追走していたのと、
 馬場が悪かったのも影響したとの見解ですが、
 はたして、今回快勝して汚名返上となるか?
 ただし、馬場がかなり悪くなるとスクラッチするとの事。

6.Highland Reel(ハイランドリール 牡3)

 8戦4勝 父 Galileo 母 Hveger(Danehill)
 仏ダービーではNew Bay(ニューベイ)の2着。愛ダービーでは
 Jack Hobbs(ジャックホッブス)の5着と好走はすれども
 勝ちきれなかったが、アメリカに遠征しセクレタリアトSを圧勝。
 その勢いで金星をあげれるかどうか。

7.Found(ファウンド 牝3)

 7戦3勝 父 Galileo 母 Red Evie(Intikhab)
 今年の3歳牝馬路線の主役を見られていたものの、
 好走すれど、いまいち勝ちきれないレースが続く。
 前走GⅢのロイヤルウィップS(芝10F)で昨年の10月以来の勝利。
 (まぁ、3頭立てだったのですが)
 マイル中心に使われていましたが、前走のように距離が伸びて、
 良かった可能性もあるだけに、今回は果たして?

7.Pleascach(プリーズキャッチ 牝3)

 8戦4勝 父 Teofilo 母 Toirmeach(Thunder Gulch)

 愛1000ギニーではFoundを破ってGⅠ初勝利。
 リブルズデールS・プリティーポリーSと敗れるも、前走ヨークシャーオークスで、
 これまで後塵を喫していたCovert Love(カバートラブ)や、
 Curvy(カーヴィー)にリベンジを果たして勝利。
 伸びずバテずの末脚でどこまで。

 

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ