イメージ画像

リアルシャダイ系・ライスシャワー系

系統確立②

今回はリアルシャダイ系と、続けてライスシャワー系を作ってみます。

◆楽に確立したい場合◆
・モードAまたはモードB。
・ゲームは2周目でデータ引継ぎ(お守り・資金が豊富)

 
~開始~

 
・ロベルト系は無理

まず、リアルシャダイや後々活躍馬出すブライアンズタイムの、
父であるロベルトの新系統づくりは無理です。

今作では海外馬カードの不採用や競走馬エディットが不可能なため、
ロベルトの産駒を活躍させたり種牡馬にしたりが、ほぼ無理です。

海外馬セリで、ロベルトの直仔を競り落とせますが、
頭数が少ない上に、能力も高くありません。

よって、ヘイルトゥリーズン→ロベルト→リアルシャダイ
といった順々の系統づくりは現段階では無理です。

・マルゼンスキー系

ライスシャワー系を作るのであれば、
リアルシャダイ系と同時にマルゼンスキー系も作っても良いでしょう。

ライスシャワーの母父はマルゼンスキーであるため、
後々の配合で、若干有利になります。

・準備

初期牝馬、競走馬はなんでもOKです。
リアルシャダイ系~を作るのには、特に関係ありません。

他の系統づくりのように、能力高い繁殖牝馬を集めておきます。

 
~リアルシャダイ系~

 
リアルシャダイは1983年に輸入されます。
史実よりも1年早いので、見逃さずに必ずに購入しましょう。

リアルシャダイ系の作成で難解なのは、
初期の種付料が250万円という低価格スタート。

当然、初年度産駒がデビューする頃には100~150万円ほどまで下がります。

ここから、種付料を上げていくのにかなり時間がかかります。

 

ひたすらリアルシャダイを配合します。

自家生産馬以外にも、ミュゲロワイヤル(85年産)、
シャダイカグラ(86年産)、オースミシャダイ(86年産)、
イブキマイカグラ(88年産)、ムッシュシェクル(88年産)
あたりは庭先・セリで手に入れておきましょう。

本来なら勝手に活躍する馬達なので、手に入れる必要はありませんが、
早く種牡馬価値を上げる為に、これら活躍馬を史実よりも活躍させます。

89年のライスシャワーを購入または生産すれば、
もうリアルシャダイ産駒は買う必要はありません。

 
ライスシャワーの保有と前後して、ミホノブルボン
メジロマックイーントウカイテイオー
ナリタブライアンも購入します。

特にミホノブルボンとメジロマックイーンは、
ライスシャワーの初期の種牡馬価格を上げる為に、
必ず保有しましょう。

そして、両馬とも早期引退させるか海外へ転戦させます。
海外転戦して結果を残した場合、
ライスシャワーと同時に引退させないよう注意しましょう。

下手すると、相対的にライスシャワーの種牡馬価格が下がります。

今作は所有馬が勝利等すると「モチベーション」が上り、
所有馬の成長に大きく影響してくるシステムがあるため、
上記の名馬達を保有するのは、そういう意味でも有利になります。

自己保有のライスシャワーは、
ミホノブルボンがいなければ3冠達成できるはずです。

4歳になってもメジロマックイーンやトウカイテイオーがいなければ、
古馬王道完全制覇できます。(天皇賞・秋も上手くいけば勝てます)

ライスシャワーがココまで活躍すれば、
その年の前後でリアルシャダイ系は確立しているはずです。


 

~ライスシャワー系~

上記のようにライスシャワーを活躍させ4歳(1993年)で引退させます。

すでにサンデーサイレンス(自己保有は止めましょう)が、
輸入・繋養されているので、早めに種牡馬入りした方が良いので、
必ず4歳で引退させましょう。

これまでリアルシャダイと配合していた繁殖牝馬や、
史実で活躍していた牝馬を購入したりして
ライスシャワーと配合します。

この頃には、牧場拡張で繁殖牝馬が20頭まで可能になっているはずなので、
ほとんどの繁殖牝馬と配合させます。

ライスシャワーの系統づくりで難解なのは、
ほぼ全ての産駒が長距離適正またはダート適正になる事。

加えて、成長が晩成傾向強く、中々早い段階から活躍馬が出ません。

さらにサンデーサイレンス産駒の台頭や
ブライアンズタイム産駒の爆発などもあるので、
我慢が不可欠です。

めぼしいサンデーサイレンス産駒やブライアンズタイム産駒を購入し、
活躍させずに引退させるのも手です。

 
毎年、十数頭と配合し種牡馬入りさせていると、
必ず系統はできます。

ただ、長距離レースを数レース好走しても種牡馬入りは難しいです。
加えて、ダート長距離しか走れない馬は、国内ではレース選択がホボ無い為、
種牡馬入りも難しく、やはり忍耐が必要。

それでも、「数撃てば当たる」。
配合理論無視でも、年で2~3頭はGⅠレベルの産駒が誕生し、
年数が過ぎれば系統は確立できます。


 
その前にリアルシャダイの血統支配率が上がったので、
リアルシャダイ系は親系統に昇格しました。

 

なお、ゲーム内ではサンデーサイレンス系とライスシャワー系が
同時進行している為、ヘイルトゥリーズン系の国内血統支配率が上昇し、
結果的にヘイルトゥリーズンは親系統に昇格します。

ラインブリードに有効ですが、
リアルシャダイ系やサンデーサイレンス系が親系統になると、
あまり意味がありません。

もしヘイルトゥリーズン系でラインブリードを狙うのであれば、
リアルシャダイ系の親系統昇格は見送りましょう。


 

ウイニングポスト8 トップへ戻る

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

最近のコメント

このページの先頭へ