イメージ画像

トゥーレル賞(2018)にラルクが出走

トゥーレル賞 2018
【Prix dus Tourelles】
(仏・パリロンシャン競馬場・準重・芝2400・3歳以上)
日本時間 12日 21:20 発走予定

日本からラルクが出走。
仏GⅢゴントービロン賞出走予定でしたが回避。
仕切り直しの一戦となります。
鞍上は武豊騎手。

メンバーは流石にそれほど集まっているわけではなく、
2戦連続でGⅡ4着のMrs Sippy(ミセスシッピー)
リステッド戦勝ちありTilly’s Chilli(ティリーズチリ)あたり。

 

超抜群スタートでラルクがハナに立ちスローペース。
番手の外にGipoia。内にTilly’s Chilli
一団のまま直線へ。外からMint Julepが追い上げてくるも、
中からMrs. SippyBhageerathi(バージラリティ)が抜け出し差し比べ。
Mrs. Sippyが競り合い制し勝利。

ラルクは直線半ばで手応え無く、そこから追わずに最下位の8着。
良い感じで流れていましたが、後続に早めに来られてプレッシャー受けたか、
直線全く反応無かった。
正直フランスの馬場は合っていないのかも。

トゥーレル賞(2018.09.12)

1.Mrs. Sippy
2.Bhageerathi
3.Mint Julep

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ