イメージ画像

ニエル賞(2018)はBrundtlandが逃げ切り勝利

ニエル賞 2018
【Prix Niel】
(仏・パリロンシャン競馬場・GⅡ・芝2400・3歳)

3歳の凱旋門賞前哨戦。

人気はデビュー戦6着以外は2着を外していないNeufbosc(ヌフボッシュ)
前走はパリ大賞典で、昨日セントレジャーを勝利したKew Gardensの2着。
2戦2勝のBrundtland(ブルントラント)
独GⅠ連続3着のRoyal Youmzain(ロイヤルユームザイン)
バリードイル勢からHunting Horn(ハンティングホーン)など、
かなり小粒感なメンバーが揃いました。

 

レースはBrundtlandがハナ。番手にHunting Horn
マイペースで進んで直線へ。
後方からNeufboscが追い込みかけるも、
前行く2頭との差は中々縮まらず、
Brundtlandが押し切って勝利。

これでBrundtland(牡3)は3戦3勝。
重賞・GⅠ初勝利
父:Dubawi 母:Future Generation(Hurricane Run)
C.アップルビー厩舎 J.ドイル騎手

ニエル賞(2018.09.16)

1.Brundtland
2.Hunting Horn
3.Neufbosc

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ