イメージ画像

愛チャンピオンS(2018)にディープインパクト産駒2騎が挑む

愛チャンピオンS 2018
【Irish Champion Stakes】
(愛・レパーズタウン競馬場・GⅠ・芝2000・3歳以上)
日本時間 16日 02:35 発走予定

アイルランドの中距離王者最終戦。

今年はディープインパクト産駒で
英2000ギニー馬Saxon Warrior(サクソンウォリアー)と、
仏ダービー馬Study Of Man(スタディオブマン)の2騎が出走で、
日本の競馬ファンにも注目されるレースになりそうです。

抜けた人気はRoaring Lion(ローリングライオン)
前々走エクリプスSではSaxon Warriorを競り落とし、
前走英国際Sでは強豪相手に圧勝。ノリにノっている状態。

対して、Saxon Warriorはマイル戦ではRoaring Lionに全勝も、
マイルを超えるレースでは全敗。
前走は決定的な差を見せつけられました。
ただ、A.オブライエン厩舎で蔓延したウイルス感染の影響も無視はできず、
復調しているのであれば一矢報いる可能性も残しているはず。

Study Of Manは仏ダービーが鮮やかでしたので、
この秋も期待していましたが、前走が案外。
前走レースの勝ち馬Knight To Beholdは英・愛の3歳上位陣には、
全く歯が立たなかった馬だっただけに、
英愛と仏の実力差が大きい可能性ありで、
今回上位2頭に割り込むことが出来るかは難しい印象です。

上記3頭までが3人気以内。
他の馬に目を移すと、春にbet365 Mileを勝利したAddeybb(アディブ)
昨年ナショナルSを勝利したVerbal Dexterity(バーバルデクステリティ)
昨年のオペラ賞馬Rhododendoron(ロードデンドロン)
古豪Deauville(ドーヴィル)、ベルモントオークス馬Athena(アテナ)
出走してくるも、格落ちやマイル寄りの馬ばかりで、
結局はRoaring LionSaxon Warriorの対決になりそう。

 

Saxon Warriorが番手の競馬。
中団外にRoaring Lion
直線入ると先に抜け出したSaxon WarriorRoaring Lionが猛追。
ゴール手前できっちり差し切って勝利。

Roaring Lionはこれで11戦6勝。
重賞5勝・GⅠ3勝目。
父Kitten’s Joy 母Vionnet(Street Sense)
J.ゴスデン厩舎 O.マーフィー騎手

もう1頭のディープインパクト産駒Study Of Manは後方追走も、
直線ジリジリで上位にはこれず5着。

愛チャンピオンS(2018.09.15)

1.Roaring Lion 2.07.21(良)
2.Saxon Warrior クビ
3.Deauville 3

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ