イメージ画像

怪物?道悪巧者?Hidden Scroll、重賞挑戦。

前回紹介したアメリカ競馬のデビュー戦で
驚愕のパフォーマンスを見せたHidden Scroll(ヒドゥンスクロール)
2戦目が決まりました。

3月2日ファウンテンオブユースS(GⅡダ1700)に出走。
デビュー戦と同じガルフストリームパーク競馬場で行われ、
数あるケンタッキーダービートライアルの1つです。

デビュー戦の(アメリカで良く使われる)ベイヤー指数104が、
昨年無敗で3冠達成したJustify(ジャスティファイ)のデビュー戦と同等。
アメリカの競馬サイトEquibaseで使われるEスピード指数は115と、
破格の指数をつけています(例年、米3冠勝ちで105~110)。

とんでもない化け物の可能性もありますが、
意外と米競馬界は冷静で、同馬は道悪巧者で、
乾いた馬場だとパフォーマンスを落とすのでは?
と見られているようです。

確かに、デビュー戦の馬場はSloppy(スルーピー)。
(日本で言う不良馬場。)
日本のダートとは逆で、
アメリカでは基本的に馬場が悪化すると時計がかかります。
良馬場のFast(ファスト)になった場合、
Sloppyよりだいたい1~2秒近く速くなります。

とすると、Hidden Scrollのデビュー戦がFastで、
馬なりでなく全力で走って実際の勝ちタイムより、
2秒速かったと仮定するならば、
そのタイムは8F1.32.8。1F平均だと11.6。
これをガルフストリームパークで3月末に行われ、
ケンタッキーダービー重要トライアルのフロリダダービー勝ち馬で、
ケンタッキーダービー馬でもある近年2頭の勝ち馬のタイムと比較。
Alwasy Dreaming(オールウェイズドリーミング)の1F平均が11.9で
8F計算で1.35.2
Nyquist(ナイキスト)が12.1なので8F計算で1.36.8
フロリダダービーは9Fレースなので単純比較はできないまでも、
こう見ると、上述の仮定タイムを実際に掲示できたかというと考えにくい

やはり道悪の化け物である可能性の方が高いわけで、
今回乾いた馬場だった場合、
どこまでのパフォーマンスを見せるか注目となります。

そもそも、あそこまで強烈なパフォーマンスを見せる馬であれば、
デビュー前に多少なり話題になっているはずで、
デビュー戦オッズが9倍もつくとは思えない。

実際、上述した3冠馬Justifyのデビュー戦オッズは1.5と、
かなりの高い戦前評価でした。

メンバーはBCジュヴェナイル3着Signalman(シグナルマン)、
ホーリーブルS(GⅡ)の2・4着馬、ナシュアS勝ちVekoma(ベコマ)など、
まずまずのメンバーが揃っています。

はたして、Hidden Scrollの真価は?

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ