イメージ画像

ケンタッキーダービー2019予想

ケンタッキーダービー2019予想

ケンタッキーダービー2019出走ポイント上位出馬表
(後述に出てくる指数の話も↑から)
ケンタッキーダービー2019ポイント上位血統

“My Old Kentucky Home”を歌ってみよう
(ラニが出走した時に記事にしたので、せっかくなので)

第145回 ケンタッキーダービー【KY Derby】
(チャーチルダウンズ競馬場 ダ2000)
5月5日07時50分発走予定(日本時間)

今年は日本からマスターフェンサーが出走ということで、
日本でも馬券が購入できます。

JRA公式サイト

今年は混戦気味とはいえ、
唯一堅軸だと思ったOmaha Beach(オマハビーチ)
呼吸器系疾患で、まさかの本番直前で戦線離脱。

さらに週中から週末にかけて、
競馬場周辺は雨が降ったり止んだり。
木曜日(日本では金曜朝)の
チャーチルダウンズ競馬場の結果を見ると、
開催序盤は不良馬場でしたが、
最終的には良馬場まで回復していたので、
降水量自体は少ないのかもしれません。
ただ土曜も雨模様で、正直本番がどのような馬場になるか予測不能。

ちなみに、
Omaha Beachは良馬場でも不良馬場でも指数高かく、
さらに現時点で人気を分け合っているGame Winnerと、
Improbable2頭に、別々のレースで完勝している馬でしたので、
本当に離脱は残念・・・。

さて予想ですが、

パンパンの良馬場ということではなさそうなので、
a.道悪である程度高い指数出している馬。
b.血統的には同レース道悪実績あるエーピーインディの血統を中心視。
c.過去傾向から前走E指数が100未満は軽視。

この3点を重視していくと、

abc揃っているのが、
Maximum SecurityImprobableの2頭。

bcだと
TacitusGame WinnerCutting Humorの3頭。

aのみだと
Country Houseの1頭。

cのみだと、
RoadsterHaikalTaxの3頭。

さて、ここまで書いといて、
過去血統傾向の記事でエーピーインディー系は不調と、
書いた手前どうするべきか。(汗)

ちなみに過去血統傾向ではダンジグ系とストームバード系。

幸か不幸か、Omaha Beachが回避したことで、
ダンジグ系で買える馬は消えました。

もう1つのストームバード系。
買える馬はTaxCutting Humorと書きました。

おぉ、Cutting Humorはエーピーインディと
ストームバード両方の血を持っています。
道悪実績が無いし最高指数もそれほど高くないのでので、
絶対視は出来ないまでも、穴軸の1頭として一考。

 
【結論】

不良馬場でもE指数108を出しているImproableを頭軸。
まだ底を見せていないMaximum Security
実績上位Game Winner、穴軸Cutting Humorを2頭目軸。
ヒモに上記のTacitusContry HouseRoad SterHaikalTax
E指数メンバー最高値を出しているハットトリック産駒Win Win Win

印にすると、

軸1:5
軸2:7、16、10
ヒモ:8、20、17、11、2、14

点数多いですけど、
海外馬券はトリガミ覚悟の方が良いのでは?
と最近思ったので、これで。

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ