イメージ画像

ダンテS2019はTelecasterがToo Darn Hotを破る

ダンテS 2019
【Dante Stakes】
(英・ヨーク競馬場・GⅡ・3歳・芝2100m)

英ダービー重要ステップレース。

昨年の欧州2歳王者Too Darn Hot(トゥーダーンホット)が年明け初戦。
昨年来英2000ギニーの最有力候補でしたが、
中間に脚の不安が出て自重。

スピードがあり過ぎるので
ダービー路線には出ないと思っていましたが、
コチラに回ってきました。
しかし、血統的には父がDubawi(ドバウィ)、
母がドバイSCでブエナビスタを破ったDar Re Mi(ダーレミ)で、
距離不安とは感じませんので、どちらに出るか注目。

他には全然日本と関係ありませんが、
クールモアからJapan(ジャパン)も年明け初戦ですが人気。
ガリレオ×デインヒルの欧州黄金配合で、
全兄姉のSir Isaac Newton(サーアイザックニュートン)、
Secret Gesture(シークレットジェスチャー)も中長距離路線で
それなりに結果は出しているので、距離不安は無さそう。

続いてTelecaster(テレカスター)
父はダービー馬New Approach(ニューアプローチ)、
母は英愛オークス2着のShirocco Star(シロッコスター)。
デビュー戦はスムーズに回ってきた勝ち馬に対して、
やや下手に乗ってしまい2着。
2戦目の前走は逃げて見せムチのみの9馬身差圧勝。
ココを勝って一躍主役に躍り出るか。

 

レースは人気薄Turgenev(ツルゲーネフ)がハナ。
2番手にTelecasterがつけて、この2頭が大きく後続を離す。
3番手集団に圧倒的1番人気のToo Darn Hot
Japanは後方待機。

直線手前で前2頭の差が縮まり長い直線へ。

逃げていたTurgenevは失速しTelecasterが先頭。
内に切り込んだToo Darn Hotが猛追し並びかける。
しかし、Telecasterも先頭を譲らず競り合ったままゴール。
結局Telecasterが粘り切り勝利しました。

—————————————————————
Telecasetr(テレカスター) 牡3
2-1-0-0 重賞初勝利
主:キャッスルダウンレーシング 師:H.モリソン 騎:O.マーフィー
父:New Approach 母:Shirocco Star(Shirocco)

——————————————————————–

 
ダンテS(2019.05.16)

1.Telecaster 2.10.24(良)
2.Too Darn Hot 1
3.Surfman 4

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ