イメージ画像

プリークネスS2019はWar Of Willが勝利

プリークネスS 2019
【Preakness Stakes】
(米・ピムリコ競馬場・GⅠ・3歳・ダ1900m)

米クラシック2レース目。

まさかの降着波乱となったケンタッキーダービー。
その当事者Maximum Security(マキシマムセキュリティ・1位入線17着降着)と
ダービー馬Country House(カントリーハウス・1着繰り上がり)は、
それぞれ体質不安で回避。

ダービー1番人気ながら4着だったImprobable(インプロバブル)
やや抜けた1番人気。続いてダービー7着のWar Of WIll(ウォーオブウィル)
別路線組からAnothertwistafate(アナザーツイスタフェイト)
Owendale(オーウェンデイル)のレキシントンS1~2着馬、
6連勝中のAlwaysmining(オールウェイズマイニング)などが続く。

 

レースはスタートでダービー13着のBodexpress(ボディエクスプレス)が落馬。
特段ハナ争いは激しくなく、内からWarrior’s Change(ウォリアーズチェンジ)
中からMarket King(マーケットキング)、外からAnothertwistageteの3頭が、
並んでペースを作る。
その直後の内にWar of Willがつけて、AlwaysminingImprobable
上位人気馬が続く。

一団のまま直線へ。
終始ラチ沿いを走ったWar Of Willが抜け出し、
後方待機で直線上手く内を突いたEverfast(エバーファスト)
外からOwendaleの追い込みを封じ勝利。
不利を受けたダービーの雪辱晴らす。

今回も人気を背負ったImprobableは直線伸びあぐね6着でした。

—————————————————————
War Of Will(ウォーオブウィル) 牡3
4-1-1-4 重賞3勝目・GⅠ初勝利
主:G.バーバー 師:M.カス 騎:T.ガファリオン
父:War Front 母:Visions Of Clarity(Salder’s Wells)

半兄にナショナルS勝ちPathfork。伯父にスピニングワールド。

——————————————————————–

 
プリークネスS(2019.05.18)

1.War Of Will 1.54.34(良)
2.Everfast 1 1/4
3.Owendale ハナ

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ