イメージ画像

ベルモントS2019出走予定馬成績・血統および過去傾向

ベルモントS2019出走予定馬成績・血統

ベルモントステークス
【ベルモント競馬場・米GⅠ・ダ2400・3歳】
発走予定時刻:6月9日午前7時46分頃(日本時間)

米クラシック最終戦。
今年はマスタフェンサーがケンタッキーダービーに続き出走。
ということで、馬券も発売されます。

ケンタッキダービー同様に、
出走馬情報と、過去5年間の傾向を出しておきます。

今年は現時点(6/3)で10頭が出走予定。
目立つところではケンタッキーダービー3着Tacitus。
プリークネスS勝ちWar of Will。
後の馬は似たり寄ったり。

基本的にこのレースはメンバー集まらないので、
こんなもんかと。

<表の説明>

E指数とは、
アメリカの競馬情報サイトEquibaseが算出しているスピード指数。

<ベルモントS出走予定馬成績>

<ベルモントS2019出走予定馬血統>

 
【過去傾向】

過去5年間3着以内に入った馬の成績。

同、血統。

 

前哨戦としては、
やはりケンタッキーダービープリークネスS
他は特に偏りはありません。

着順も巻き返すパターンも多いので、
過去2走でボロ負けしていなければという感じ。
指数的には過去2走のどちらかで90以上出ておけば。

血統傾向は、
日本で一昔前にあった”菊花賞はダンスインザダーク”、
さらに昔で言えば”長距離戦はリアルシャダイ”みたいに、
とりあえずTapit産駒買っておけばOK。
母父ヴァイスリージェント系も目立ちます。

【結論】

Tapit産駒でケンタッキーダービー3着Tacitusで良さそう。
プリークネスSを回避して狙ってきたのも好感。
他、Tapit産駒のIntrepid Heartは前走までで言うと格下ですが、
半兄がベルモントS2着のCommissionerということを考えると、
同馬も嵌る可能性あり。
この2頭を中心に、残りのTapit産駒Bourbon War
プリークネスS馬War of Willマスターフェンサー
この5頭で馬券を組みたい。

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ