イメージ画像

英ダービー2019はAnthony Van Dyckが差し切り

英ダービー 2019
【Derby Stakes】
(英・エプソム競馬場・GⅠ・3歳・芝2400)

先日紹介したとおり、今年は13頭立。
その内、7頭がA.オブライエン厩舎。

 

レースはSovereign(ソヴリン)が先頭に立ちペースを作る。
番手にNorway(ノルウェイ)Circus Maximus(サーカスマキシマス)
続いてTelecaster(テレカスター)。序盤はこの4頭が後続を離す。

直線入ると、先行集団は失速。
中団にいたSir Dragonet(サードラゴネット)が動き出すと、
Madhmoon(マッドムーン)Broome(ブルーム)
Japan(ジャパン)の差し比べ。
しかし、ややテンポ遅れて追い出したAnthony Van Dyck(アンソニーバンダイク)
内に切れ込んで、外の各馬を横目にゴール。

2~5着は大接戦。

ペースが速かったのか先行勢壊滅。
そして早めに仕掛けた差し馬勢と、やや遅れて仕掛けた勝ち馬と、
展開のあやが結果に出た感じのダービーとなりました。

—————————————————————
Anthony Van Dyck(アンソニーバンダイク) 牡3
5-1-1-2 重賞3勝目・GⅠ初勝利
主:クールモア 師:A.オブライエン 騎:S.ヘファーナン
父:Galileo 母:Believe’N'Succeed(Exceed And Excel)

半兄にニュージーランドGⅠARCレイルウェイS勝ちBounding。

——————————————————————–

 
英ダービー(2019.06.01)

1.Anthony Van Dyck
2.Madhmoon
3.Japan

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ