イメージ画像

Maximum Security、復帰戦は2着

Maximum Security、復帰戦は2着

米ダービーで1位入線17着降着となり、
文字通り幻のダービー馬となったMaximum Security(マキシマムセキュリティ)
16日、ペガサスS(LS・ダ1700)でダービー以来の復帰戦に挑んだ。

6頭立で目立った相手もおらずで、
オッズは1.1倍と抜けた人気。

レースはMaximum Securityが先頭に立ちペースを作る。
前走リステッド戦を勝利しているKing for a Day(キングフォーアデイ)
番手につけて、この2頭が後続を離す。

直線もこの2頭のマッチレースとなりますが、
バックストレッチでMaximum Securityの手応えはイマイチ。
良く粘ったが最後は力尽きて、King fo a Day
差し切って勝利。
Maximum Securityは3着以下を大きく離すも2着に敗れ、
ダービーの降着を考慮しなければ、6戦目で初めての敗戦となりました。

Maximum Securityはずっとプレッシャーをかけられていたとはいえ、
相手レベル的にやや物足りないレース。
次走に7月のハスケル招待を予定しているので、
その叩きと考えられるものの、
ここ数年アメリカ競馬に出現し続けていたような、
絶対王者というレベルではないのかもですね。

勝ったKing for a DayはUncle Mo産駒。
母はUbetwereven(父フレンチデピュティ)で
甥にホープフルS2018(米GⅠ)勝ちMind Control。
これで5戦3勝(重賞未勝利)となりました。

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ