イメージ画像

仏ディープインパクト産駒Hidaka(ヒダカ)デビュー戦勝利

仏ディープインパクト産駒Hidaka(ヒダカ)デビュー戦勝利

20日、ドーヴィル競馬場(仏)新馬戦(芝1600)で
ディープインパクト産駒Hidaka(ヒダカ・牝2)がデビューし、
1番人気に応えて勝利しました。

鞍上はM.ギュイヨン騎手。
抜群のスタートからスローペースの番手。
良い手応えのまま直線に入って後続を抑えゴール。

母はRoyalmania。厩舎はA.ファーブル。

2017年産の仏デビュー組としては、
先日デビュー戦快勝したSavarin(サヴァラン)に続き2頭目。

ということで、A.ファーブル厩舎所属の
2頭の2歳ディープ牝馬がいずれもデビュー戦勝利ということに。
というよりも、A.ファーブル厩舎所属のディープ産駒は、
今回含めて6頭いて6頭ともが勝ち上がっています。

ちなみにA.オブライエン厩舎も5頭中5頭が勝ち上がっているので、
やはりトップトレーナーは一味違うということでしょうか。

先日記事にしたように英愛仏でデビュー戦勝利したディープ産駒は、
その後の活躍の可能性大ということで、2頭とも今後が楽しみ。

それにしても牡馬だったら、
将来種牡馬として日本に来て面白いことになってたのかな?w
『日高産のヒダカ産駒』的な。

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ