イメージ画像

良血仏ディープインパクト産駒Savarin(サヴァラン)危なげなくデビュー戦勝利

ディープ産駒Savarin(サヴァラン)危なげなくデビュー戦勝利

5日、ドーヴィル競馬場の新馬戦(芝1500)で、
ディープインパクト産駒Savarin(サヴァラン)(牝2)が
デビュー戦に挑み危なげなく勝利しました。鞍上はP.ブドー騎手。

8頭立の割れた中での1番人気。
ややゲート内で待たされることもあり心配しましたが、スタートは五分。
道中5番手で追走し、直線では外に持ち出してからは一気にはじけて勝利。
ゴール前は流していたので、まだまだ余裕がありそう。

Savarinは母がディアヌ賞など仏GⅠ4勝の名牝サラフィナ。
2012年に日本に輸入されディープインパクトと種付。
初年度産駒はキーファーズが購入したジェニアルで、
2018年フランス遠征しメシドール賞を勝利。
その後、フランス小林厩舎に転厩しています。

4番目の仔Savarinもキファーズと、
吉田照哉氏との半持ちで最初からフランスの名門、
A.ファーブル厩舎に預けられることになりました。

ジェニアルを見る限り距離限界があるかもですが、
父と母の事を考えると、やはり中長距離路線で見てみたい。

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ