イメージ画像

Fancy Blue(ファンシーブルー)デビュー戦勝利

A.オブライエン&クールモアの2017年産ディープインパクト産駒一頭目、
Fancy Blue(ファンシーブルー・牝2)がネース競馬場(芝1400)でデビューし、
スタートこそノソっと出ましたが、
中団ラチ沿いから直線で進路を確保すると、
逃げていた1番人気Chasing The Dawn(チェンジングザダウン)
ゴール前でかわし切り1/2馬身つけての勝利。

母はChencihkova。その父サドラーズウェルズという血統。
母は自身の成績は6戦1勝馬ですが、英・愛ダービー、
BCターフ連覇などGⅠ6勝ハイシャパラルの全姉という血統。

日本時間の夕方ころまでは3倍前後の1番人気でしたが、
結局は7倍まで落ちていたので、
直前のオッズだと美味しかったかもですね。

鞍上は、ディープインパクト産駒となにかと相性の良い
ドナカ(オブライエン)騎手でした。

クールモアのファーストライダーはR.ムーア騎手ですので、
R.ムーア騎手が騎乗していれば相当期待されていると見て良いですが、
そのR.ムーア騎手はこの日サンダウン競馬場でM.スタウツ厩舎の馬に騎乗。
それでもFancy Blueにセカンドジョッキーのドナカ騎手が騎乗していたので、
ある程度は期待できましたが、血統的にこの距離勝ちきるかどうか心配も。

ということで、同馬も
デビュー戦で勝利した海外ディープインパクト産駒はその後も活躍
の法則に乗ってほしいところ。

叔父がハイシャパラルということで2400戦狙いたくなるものの、
サクソンウォリアーの反省(夢は見させてもらったけど)を踏まえて、
陣営には、よく距離適性を見極めてほしいですね。

 

 

関連記事

コメントを残す

サブコンテンツ

プロフィール

【k-wind】 競馬を楽しんで10数年。オグリキャップから始まり、 ライスシャワー、ディープインパクトと、 大好きな馬は数知れず。「競馬の魅力とは」 このテーマを日々考えている30代牡です。

メルマガ会員募集中

ランキング


にほんブログ村 競馬ブログへ

競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com

にほんブログ村

このページの先頭へ